2018年6月21日

シネマ歌舞伎 東海道中膝栗毛

シネマ歌舞伎 東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖 を 東銀座の東劇シアターで観てきました

上映後に市川染五郎と市川團子 の舞台挨拶があり、チケットは発売と同時にほぼ完売だったようです。

上映の 東海道中膝栗毛歌舞伎座・・・は昨年夏に新作物として上演された舞台
1年待たずしての映画上映です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年6月20日

大学練習0619

19日の夕方は大学バスケチームの練習に顔を出した。

この日は平日の練習なので、Bチームが先にフロア練習を行っていたが、いつもより声が出ています。その声は体育館の外まで聞こえます。

これは…と思って体育館に入ると、先月末に教育実習に出ていた4年生が戻ってきて、他メンバーと一緒に声を出していたのです。

また4年生以外にも今日は多くのメンバーが最初から出てきており、いつもこれだけ来ていれば活気があって良いな…と思ってしまった。

逆にAチームの方は、一部のメンバーがBチームに異動した関係で、少人数での練習となっていた。

ですが人数が少ないだけで個々の「気迫」はAチームのメンバーの方が上かな…。

これから来月の試験前迄は、体を作りながらの基本的な練習が多くなると思います。

ここでしっかり体を作って、秋のリーグ戦のメンバーに入れる様頑張ってもらいたい。

| | コメント (0)

2018年6月19日

佐藤錦が来たぁ〜!

佐藤錦が来たぁ〜!
佐藤錦が来たぁ〜!
サクランボの季節。

先日山梨で満喫して来たのですが、昨日あるものが届きました。

寒河江のふるさと納税でいただく予定でした「佐藤錦」です。

大きさ自体はLサイズと、もう少し大きければ良かったのですが、やはり美味しそう。

山梨で買った「大将錦」は大きくてとても甘かったので今回の佐藤錦は酸味を感じましたが、冷やして食べたらどんどんいけます。

多少お腹がグルグル言いだしましたが、まだもう少しサクランボを楽しめそうですね。

| | コメント (0)

2018年6月18日

新チームスタート0611

新チームスタート0611
教えている中学バスケチームは夏季選手権大会での惜敗により、その翌日にミーティングを行い、新チームがスタートすることになりました。

予定ではこの日も3年生を交えながらの反省練習をするつもりでしたが、それは叶わぬものとなり何とも言えない気持ちでしたが、まず最初のミーティングで新チームへの抱負を語りました。

またこの日は新幹部の選定とチーム目標の設定がミーティングの中身となりましたが、新幹部は全て2年生の立候補で決まることになり、目標も決まったところで新チーム起動という流れとなった。

ミーティングの後は体育館で少し体を動かしてこの日は終了となりました。

この後チームは試験前期間に入るので一旦活動が休止となります。

試験明けから基礎練習を中心としながら本格的な再起動となり、熱い1年間(!)の始まりになります。

新チームの活躍に期待しています!

| | コメント (0)

2018年6月17日

寿司でお疲れさん!

寿司でお疲れさん!
寿司でお疲れさん!
中学バスケチームの一年が終わり、その翌々日、夫婦でささやかな慰労会(ランチ)をした。

お店は地元のお寿司屋で、「寿司TRO気仙」さんにお邪魔した。

握りはランチ握りではなく、握りメニューの「匠」と「彩」を注文。

それにエビスの生を付けていただきました!

美味い!酔いがまわる〜!

帰宅後軽く昼寝をしてから再起動となりました。

| | コメント (0)

2018年6月16日

桃も初物



さくらんぼが今回の旅行の主目的ですが、もしかしたら早生の桃にも出会えるかも、、、
と期待していたら、数は少ないのですが、出ていましたよ

6月中旬頃から収穫時期に入る 極早生種の ちよひめ

実はみずみずしいながら硬め。
甘さもあるが、すっきりとしていて酸味は控えめです。
サイズも小さめ

7月に出回る実の柔らかい品種のジューシーさを味合うとは違い、しっかり実を食する美味しさがありました。

出荷量が少ないからか、お値段はやや高めでした

袋を被っている桃の木が沢山ありました
桃の季節が楽しみですね

| | コメント (0)

2018年6月15日

大将錦

0170f168d22b2d9768abafd15ca498a73_2サクランボを求めて 甲州市に行ってきました

今回は塩山エリア、フルーツラインを車で移動して、いくつかの直売所に立寄りました。

驚いたことに、今年はさくらんぼの出来が早く、もうほとんど終わりなのだそう。

私達はお土産だけなのですが、さくらんぼ狩を受付る農園も限定されているようでした。

店頭では、紅秀峰が一番多くでていました。

紅秀峰の出荷時期は佐藤錦よりやや遅れてでてきます。
実が硬く、日持ちが良いという特徴があります。
最近ではサイズも2L,3Lがでてきて、見栄えも良かったです。

佐藤錦は残念ながら(山梨では)ピークを過ぎ、店頭には並んでいるものの、味もややぼやけ気味

そして、今回おすすめされて気に入ったのが ”大将錦”(写真)

大将錦は 山形県上山市の加藤勇氏の農園の佐藤錦・ナポレオン・高砂の混植園で実生の中から偶然見つけられた品種です。
品種登録は平成元年。
果肉が硬く日持ちがよい。
大きさも五百円玉位で色が鮮やかが特徴。
県園芸試験場から糖度(佐藤錦より甘い)と適度の酸度が作り出す濃厚な食味を評価され、サクランボの王様という意味で『大将錦』と命名されたそう。

01b39ebb02629803254c31240fcb9dc3d7e写真は300g(紙箱)で1500円(税込)でした。

フルーツライン沿いに直売所を出していた マルア農園さんで購入しました。

マルア農園さんでは寿錦(いわい:傷つきやすく出荷向きでない)、豊錦(ゆたか:山梨県で発見された早生品種)錦と市場出回り量の少ないブランドも扱っています。
今年は出遅れてしまいましたが、来年を楽しみにしたいと思います。

 

| | コメント (0)

«ブルーベリーパフェ