2017年8月21日

ランチ @茶屋亜希子

018cf5af767bc1b78047ebe8918c424c2ca久しぶりに 藤沢市北部エリア 秋葉台体育館近くにある 自然派レストラン 茶屋 亜希子 に行ってきました。

お茶休憩に立寄ったつもりでしたが、時計をみると11時を過ぎて、店内やメニューはランチの雰囲気
ならば と 軽食とスウィーツをオーダーしました。

茶屋亜希子は 平塚市を中心にレストランやケイタリングのサービスを展開する みづほ野グループ
仏事の仕出し弁当で目にすることも多いですね。

藤沢店は車なしではアクセスの難しい立地ながら、人気のカフェ
洋風一軒家の店舗とイングリッシュガーデン、更に広い駐車場スペースはこのエリアならではともいえます。

店内も写真のように暖炉を中心にカントリー風で、チラチラとアンティークもあり。
この部屋からはテラス席・ガーデンを眺めながら食事ができます.

別に、個室や座敷もあって他のグループを気にせずに楽しむこともできます。01126e7c599742ea3a961aae53f29a4157a

恐らく当ブログは初登場?
私自身久しぶりの訪問でした。

メニューも記憶にあるものと少し違っていました。
迷わないように、オーダーしやすいようなセットメニューが増えていました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年8月20日

練習試合0816

練習試合0816
16日は中学バスケチームの練習試合を行いました。

週末の18日より市民大会が始まるので、これまで練習したことをこの練習試合で表現させることが今回の課題となった。

対戦相手は同じ市内のT摩永山中。昨年度はコテンパンにされてしまいましたが、今年はどうなるでしょう。

不安材料は沢山ありますが、スタートでありキャプテンであるセンターの選手が高校説明会で不在というのが痛い(激痛)。

ですが、居ないなら居ないで何とかしなくてはなりません。

試合としては、高さのあるT摩永山中のインサイドをどうやって守るか?
ミスの多い時間帯にどうやって平常心でプレイをするか?
練習したエンドからのボール回しを練習通りに表現出来るか?
などなど、非常に沢山の課題に取り組むことが出来ました。

ここでの反省点を明日からの練習で修正したいと思います。

本日対戦して頂いたT摩永山中バスケ部の皆さんどうも有難うございました!

| | コメント (0)

2017年8月19日

ダイワロイネットホテル郡山駅前

01841709f1a14b6d5a888c547c2a06fefd7お盆前後の雨と涼しい日に当惑気味です。
流石に雨の予報に思いっきり洗濯物を干したいとの気持ちが出てきます。

日照不足にこれからの野菜の値段が気になりますし、旬の果物(梨・葡萄)の甘さが足りないのが残念です。

暑すぎる夏も困りますが、各地大雨にも泣かされる夏ですね。

福島に出かけた今年の高校総体観戦は猛暑ではなかったのですが、とにかく豪雨のような天気に泣かされました。

当初は陸上競技を観戦しようと山形のホテルを手配していたのですが、その後の予定変更でバスケ会場近くの福島市のホテルを探した時には既に遅し。

最終的に郡山市のホテル ダイワロイネットホテル郡山駅前 を予約しました。

交通手段も車にするか、電車にするか決めていなかったので、駅前であることと 今年2月にオープンしたばかりで 新しいことが決め手でした。

確かに建物・お部屋とも新しく 気持ち良く滞在ができました。

最近ビジネスホテルに多い 大浴場はこのホテルにありません。
が、浴室回りが広めに作られていて、特に浴室は洗い場が広く このクラスのホテルでは珍しい快適なお風呂タイムを提供してくれます。

シャワーも天井にレインシャワーが設置されていました!
ポイント高いですね!

但し、バスタブは広めに見えるのですが、底の方が狭くなっている上、滑り止めが付いているのでやや窮屈目。
バスタブ内では左程体を弛緩できませんでした。

P1000546ホテルは商業ビルの4階より上で、ホテル内に飲食エリアはありません。
同じビルの2階にあるレストラン街(現在3店舗)があり、宿泊日は豪雨だったので宿泊客の多くは2階で夕食をとっていたようで、どのレストランも満席でした。
(私達は牛タンの利久

朝食付きプランの朝食会場もそのうちのベトナムレストランです。

食事は通常のバイキングで、地元食材を積極的に使っていましたが、メニュー内容は一般的なものでした。
窓が広く、郡山駅やローターリーを眺めながら食事ができます。

部屋のテレビで朝食会場の混雑状況がわかるサービスもありました。
これ便利ですね。

P1000548

ダイワロイネットホテルの標準的なサービスなのかしら?
チェックアウトも機械精算で、フロントではお金のやりとりがない仕組みになっています。

郡山駅が目の前で、新幹線利用ならアクセス良し。
周辺には商業施設が多く、食事・買い物も便利。
残念ながら滞在中は大雨だったので、ホテルから出ることができませんでした。

駐車場はホテル隣接でタワー式
1泊1000円でした。

| | コメント (0)

2017年8月18日

ラプソディ・イン・ブルー 

0109d8ce40a887e0e29fa280a7cf91a4564
16日午後 河口湖まで 反田恭平さんのピアノを聴きに行ってきました

8月11日から20日まで開催されている 富士山河口湖音楽祭2017

ぱんだウィンドオーケストラのコンサートにゲストとして反田恭平さんが出演した。
会場は河口湖のステラホール

正直、河口湖まで出かけることに躊躇していましたが、招待券をいただき、出掛けることに。

ぱんだウィンドオーケストラは 2011年に東京芸術大入学生で結成され、団員を増やし芸大生を中心に活動している吹奏楽団

1部
PANDASTIC!! (前久保諒)
吹奏楽のための第二組曲(ホルスト)
ラプソディ・イン・ブルー(ガーシュイン)

の後半に反田さんを指揮兼ソリストとして迎えてのラプソディ・イン・ブルーだった。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年8月17日

ミキモト パールネックレス展

Dscf2891

納涼歌舞伎の帰り 今年6月に改装を終えてオープンした銀座のミキモト本店に立寄りました。

8月28日(月)まで開催されている パールネックレス展がお目当て。

入場無料の本展は パールネックレスに焦点を当てたビジュアルブック『THE PEARL NECKLACE』(Assouline Publishing社発行)の出版(2016年10月)にあたって同著に登場するパールネックレスの写真やネックレスを紹介したもの。

特別展示としてマリリン・モンローが生前愛用していたパールネックレスも。

7階にエレベーターで上がると、受付横がすぐに展示室

最初の作品から思わず 綺麗と声が上がってしまいます。

石を使ったアクセサリーとは違ったパールネックレスの美しさにため息しかでませんでした。

眼福でございます。

展示室は1室のみ、実物の展示数は多くはありませんが、デジタル画像やパネルも使ってパールネックレスの紹介をしています。

P1000567展示室内撮影OKでした。
でも、照明の関係でなかなか上手く撮影はできません
十連のネックレス、、が、唯一まともに撮れた一枚(泣)

鑑賞の時間はさほどかかりませんので、お近くにお出かけの際は是非
平日の午後は3組ほどで、ゆったり鑑賞できます。

8月28日(月)まで
11:00-19:00
ミキモト銀座4丁目本店 7階ミキモトホール
03-3535-4611

| | コメント (0)

2017年8月16日

大学夏合宿参加

大学夏合宿参加
大学夏合宿参加
大学夏合宿参加
9日から大学バスケチームの夏合宿が始まりました。

今回はABチーム分かれての実施となりますが、私は自分のスケジュールの関係でAチームに帯同することになりました。

Aチームは稚内での活動です。

稚内は北海道。北海道と言えば涼しい。

9日の東京は朝から信じられないくらいの暑さでした。練習している学生も涼しい場所でないと暑さにやられてしまい、練習で追い込むことができません。

稚内に到着すると、涼しいを通り越して「肌寒い」と感じました。天気は小雨がふっており、合宿期間中殆どが曇りか小雨という状況。

合宿初日は午後に現地に入り、そこで少し練習をして終了。

あとは午前か午後に練習試合か練習というパターンを繰り返します。

なお、今回の合宿には我々以外にも他大学も来ており、普段見ることのない他大学の練習を見るというのは大いに刺激があるでしょう。

この刺激を自らの強化につなげてほしいところです。

| | コメント (0)

2017年8月15日

浅田真央 希望の軌跡

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

浅田真央希望の軌跡 [ 浅田真央 ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2017/8/13時点)

週末に届いた浅田真央さんの写真集

ソチ五輪から引退までの浅田真央さんの活躍を写真で綴る
表紙は最終シーズンとなった 2017年のフリープログラム

ページをめくると、最初に 真央さん自筆のサインとありがとうの文字
続いて巻頭インタビューは ”ファンのみなさんが、私のパワーの源でした”

このインタビューでは復帰から引退に至るまでの真央さんのスケートへの姿勢・意気込み・悩みが語られています。
最後の全日本は初めて自分から逃げようとした試合だったとのコメントもあり、ファンも当時を思い出して胸が痛くなります。

また、復帰後のプログラムで表現面で意識していた点も触れています。

ただ、真央さんが言う ”自分の技術は今のスケート界には通用しない”はショックな言葉でした(ファンとしては 「真央さんの」トリプルアクセルに異常に厳しいジャッジ基準が異様に感じましたが。。。)

写真集の後半はデビューからの真央さんですが、表彰台やフィニッシュポーズの写真が多く幸せそうな笑顔にこちらも当時の喜びが思い出されます。

THE ICE の名場面集もありました。

ソチ五輪直前には 浅田真央 夢の軌跡 という写真集が発売されました。

018d5062c89799397bf2c688e6e4acc6c48夢の軌跡・希望の軌跡を合わせてみると 浅田真央さんの競技人生を網羅してくれます。
帯のコメントも 夢の軌跡がソチ五輪への決意、希望の軌跡がファンへの感謝、とファン思いの真央さんらしいです。

9月13日の日本橋高島屋を皮切りに来年4月にかけて全国の高島屋で「美しき氷上の妖精」と題した浅田真央展が開催されます。
高島屋の特設サイト

ソチ五輪後に高島屋で開催された浅田真央展も素晴らしく評判の展覧会でした。
私は 日本橋・横浜・新宿と3会場、出掛けました。
その際 写真集から写真が多く採用されていましたので、今回の真央展も楽しみですね。

| | コメント (0)

«世陸 400M 銅メダル!