2017年12月12日

練習試合1209

練習試合1209
9日は教えている中学バスケチームの練習試合に帯同しました。

今回胸を貸してくれたのはH野市のH野第四中です。

昨年に引き続き今秋の新人大会でも同校に大きく離されて敗れてしまった我がチームでしたが、快く練習試合を受けてもらい、チーム全員謙虚な気持ちで臨みました。

練習課題はこれまで通りセットプレイの熟成と、センターの守り方、オンボールスクリーンでの対応の仕方を練習することでした。

いつもよりちょっとだけ参加人数の少ない我がチーム。来ているメンバーをどんどん変えながら進めていきました。

立ち上がりは相手センターを止めることが出来ず苦しい時間を過ごしましたが、課題のセットプレイで少しずつ得点ができる様になると流れは少しずつ変わってきます。

センターへの守り方も今日の練習試合を通してかなり練習を積むことが出来、試合も接戦の展開が出来るほどになってきて今日の練習は終了となりました。

怪我人が多く、スタメンの強化が進められない我がチームでしたが、ここに来て一年生達が実力を発揮するシーンが増えて来たのは良いことです。

あとは決めて当たり前のシュートを当たり前に決められれば、突き放す展開も出来るようになるかもしれません。

本日お相手頂いたH野四中バスケ部の皆さん、どうも有難うございました!

| | コメント (0)

2017年12月11日

#18箱根駅伝エントリー

慌しい中でもカレンダーは着実に進み、12月10日は2018年(第94回)箱根駅伝のエントリーでした。
もう次の箱根駅伝まで1か月をきってしまいました。

この日のエントリーでは各チーム最大16名をエントリーします。
そして年末の29日に区間毎に出走者の発表があり、最終的には当日の朝の最終エントリー変更を経て出走者が決まります。

区間エントリーも、エントリー変更も16名の内で行われるのですから、今回のエントリーに入れなかった選手は来年の箱根駅伝では走ることができません。

今年も選手一人一人に箱根駅伝に向けての取り組み方があり、上手く行った選手も、思い通りにいかなかった選手もいて悲喜交々

発表されたエントリーを見ると、ほぼ順当なエントリーで、今年は各大学とも順調に仕上がってきている様子。

ただ4連覇がかかる青山学院大は、全日本大学駅伝で1区を走った中村祐起選手(4年)と前回5区8位だった貞永隆佑選手(4年)がエントリー漏れ

東洋大も4年生のエントリーが小早川健選手のみ
駅伝シーズン前から4年生の状態が良くないとの声があったが、いずれも箱根駅伝に間に合わなかった模様

昨年大量の1年生を投入した東海大は、今年も2年生世代が16名中9名のエントリー

一方、全日本大学駅伝で優勝した神奈川大学は4年生をマネージャーを除く8名エントリー

前大会からの5区の距離変更と特出した5区向きの選手がいないことから、今大会は大学間の力が拮抗。
往路、特に前半区間からエース級の選手が競り合うことが予想される。
大学の強みを発揮できるレース展開にどの大学がもっていけるか、、、
ハラハラな大会となりそう。

| | コメント (0)

2017年12月10日

藤沢市役所 新本庁舎完成

長らく工事をしていた藤沢市役所の本庁舎が完成し、来年1月4日から移転されます。

P1000595藤沢市の広報では『供用<他人の使用に提供>開始』とありますので、庁舎機能の一部は12月中に移転し始めるのかもしれませんね。

私も11月の下旬に近くを通って新庁舎を見てきました。
既に庁舎内は電灯がついているし、外構も植木が搬入され、いかにも最後の追い込みの雰囲気でした。

01a6017d8c4ba22d8d11bc5ac31a10aa2f6屋上庭園、展望デッキは飲食可能な場所で夜9時まで市民に開放されるほか、キッズコーナー、キッズスペースも設置されているそうです。

広報の写真の中段にあるのは展望デッキと思われますが、富士山を望む人気スポットとなりそうですね。

12月17日(日)には内覧会が開催され、誰でも参加可能 (詳細はリンク先へ)。
行列ができそうな予感(笑)

古い庁舎は晩年テレビ・映画に良く使われていましたが、新庁舎も人気がでるといいですね。

| | コメント (0)

2017年12月 9日

17沖縄♪ 再びテラスクラブアットブセナ

012d6cf780eed574c96cd22fa509e52b2_4

今回の沖縄旅行も宿泊先は ザ・テラスクラブ・アット・ブセナ

今年の2月に宿泊して大変気に入り、疲れを癒すならここしかないと決めていました。

写真はプールからタラソプール方面を撮影
冬季は閉鎖なので利用したことはありませんが、インフィニティ・プールの中からの眺めはさぞ爽快でしょうね。

朝夕食付プランだったこともあり、ほとんどの時間をブセナリゾートエリア(ブセナテラス、テラスクラブアットブセナ)で過ごしましたが、飽きることもなく、心からリフレッシュできました。

お気に入りのタラソプールは毎日1時間ほど利用しました。
流石に4日間通うと初日は水流が当たると痛かった箇所も随分ほぐれてきますし、血流がよくなるのか、体が終日ポカポカするようになってきました。

初日は凝りもほぐれにくいし、揉み返しもあるので、一番時間を取り、丁寧にマッサージ機能を利用するのが良いと思います。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年12月 8日

南国でゆっくりと楽しむ!

南国でゆっくりと楽しむ!
今年は大変慌ただしい一年だったねと、5日の朝から夫婦で沖縄まで慰安旅行に出掛けました。

しばし現実から離れ、体を休めながらのんびりします。

なんて思っていると、宅配便の不在メールが入る。

折角到着したばかりなのに、いつ・何時に帰れるか(受け取るか?)を考えるのは虚しすぎる。

とにかく、夫婦で馬鹿になるくらいのんびりします!

| | コメント (0)

2017年12月 7日

平日練習1204

平日練習1204
教えている中学バスケチームの月曜練習はオールコートです。

前日3日の練習試合では選手達は頑張んばりましたが、翌日の4日は疲れて体調不良とか気分が乗らないとかで欠席が多いかとしんぱいしていました。ですが予想に反し、昨日来た殆どの選手が目を輝かせて登場しました。

勝敗としては全敗でしたが、準備してきた物が格上相手に通用したことが自信になった様で、活気のある良い練習となりました。

ですがやる気に反して練習時間自体はとても短いので、昨日の練習試合で上手くいかなかったところの修正練習を行なって、スクリメージで終わりました。

取り敢えずここまでは前進していることを感じられる我がチーム。ここに怪我人フォワードが復帰すれば、少しは計算出来るレベルになります。

鉄は熱いうちに打て!

継続は力なり!

また週末には練習試合がありますので、張り切って練習に臨んでもらいたいです。

| | コメント (0)

2017年12月 6日

さくら とは…

今 浅草の勘三郎 (荒井修著) を読んでいます

故十八代 中村勘三郎 と交友の深かった著者が、勘三郎と共に奔走した平成中村座の実現のストーリーを中心に、間近で見てきた勘三郎の魅力を語っている

平成12年11月に実現した平成中村座の舞台
臨時の舞台故、常設の劇場に比べて、舞台も客席も狭い
それが 江戸時代の芝居小屋により近いらしい

江戸時代の芝居小屋 間口六間 約11M
歌舞伎座 十五間 約27M
平成中村座 八間 約15M

と江戸時代の芝居小屋は随分小さかったんですね

そして 江戸時代当時は、吉野と呼んばれる席があったそうです
この席には、小屋公認の大向こう(贔屓の声掛けをする人)が木戸銭御免、つまり入場無料で入って芝居を盛り上げる席
別名 桜席

これが現代の 「さくら」の語源 というのは ご推察のとおり
桜席というのに憚れて、桜の名所 吉野と呼んだのでしょう

へぇ〜と思い、なんか得をした気持ちになりました

このほか、勘三郎のエピソードのほか、歌舞伎や浅草にまつわる話も多く、とても読んでいて面白い

| | コメント (0)

«練習試合1203