« 海をみながらの朝食 | トップページ | 新しい街 湘南みずき »

2006年5月 7日

コーチMのはじまり⑦

大学進学については教員資格を取れる学部を設定し、N大文理学部(体育学科)を目標とした。しかしながら付属校でありながら日頃の学習と意欲が伴わず、統一試験では農獣医学部(藤沢高校直属の学部)なら進学できるが、文理学部では若干数字が足りない結果となってしまった。

担任の意見(農獣医学部進学)を断り、両親に1年間の浪人生活をお願いして希望学部のある大学への入学を目標とした。

卒業と同時に私は1年間のトレーニングも兼ね、母校栗田先生に中学アシスタントをお願いした。また当時栗田先生がほとんど男女一緒に見ていた関係もあり、アシスタントをする際中学時代の親友加東も一緒にアシスタントをしてくれた。

当時の中学3年生は男子は運動能力はあったが技術が無く、女子もリーダーは元気がありチームを引っ張ることは出来たが技術が無かった。体力養成は栗田先生の得意分野であったが、細かな技術を我々がフォーローし全体的な強化を図るのが当時の目標だった。しかしながら担当して1ヶ月程度で夏季大会が始まってしまう。この短期間で3年生に大きな成長を期待するのは難しかった。

そうなると3年を指導しながらもすぐ下の2年の能力を見極めて、新チームに切り替わった後どんなチームにするかが我々の課題になった。新チームへの切り替えは予想よりも早いものになってしまったが、男子が私で女子が加東の担当にして心機一転再スタートを図った。

※個人名は変えております。

|

« 海をみながらの朝食 | トップページ | 新しい街 湘南みずき »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174773/9940736

この記事へのトラックバック一覧です: コーチMのはじまり⑦:

« 海をみながらの朝食 | トップページ | 新しい街 湘南みずき »