« テスト終了! | トップページ | '06 沖縄♪"New"ちんすこう »

2006年5月28日

激闘!インターハイ予選!

今日は中学バスケはオフの為(本当は見学に来させるつもりだったが…)、自宅近くで行われる神奈川県の高校バスケ(インターハイ予選県大会男子2回戦)を観に行った!

観に行った試合は桐光学園(川崎地区)と県立市ヶ尾(横浜北地区)の1戦です。

桐光学園は私の出身ではないが、大学(母校)にて同校出身の選手が現在活躍しており、どうしても応援してしまう学校の1つである。

現在私が教えているのが中学バスケなので、高校のバスケは身体能力やサイズが全然違い迫力がある!しかもインターハイ予選が一般の高校3年でいえば「引退」のかかった試合。プレイする選手も応援する父兄たちも力が入る試合だ。

序盤市ヶ尾が試合を有利に進め、スターターが2人欠けている桐光学園はインサイドの決定率に苦しみ、自然とアウトサイドでの攻撃が多くなる。

市ヶ尾のセンターは低身長ながら相手のブロックをかわしながらゴール下を決め、一時はこのまま市ヶ尾が走り抜けるかと思われた。

しかし後半桐光学園のアウトサイドが決まり始めると徐々に流れが変わり始める。

苦しい時間帯にて市ヶ尾のセンターも頑張るがなかなか決められない。市ヶ尾はアウトサイドも落ち始め、確実に桐光学園がそのリバウンドを奪い速攻を決め逆転!引き離しにかかる。

桐光学園はオールコート1-2-1-1プレスで市ヶ尾のガードにプレッシャーを与えミスを起こさせる。

最終クオーター桐光学園が10点離したところで市ヶ尾はファールゲームを仕掛けて相手の勢いを止めようとする。残り3分だ。

普通なら強気に攻めてファールをもらい、フリースローを確実に決めて離していくのだが、追いつこうとする市ヶ尾の気迫が桐光学園の勢いを止め、逆に桐光学園のミスを起こさせ、カットしたボールから2連続の3ポイントシュートを決める!あわてて桐光学園はタイムアウトで激を入れる!!

「相手は負けているんだからファールで止めに来るのは分かっているだろう!なんでここで攻めずに逃げるんだ!?攻めろ!!」桐光学園コーチの声が響く!

館内応援している人達みんなに力が入る時間だった。

タイムアウト後市ヶ尾の勢いは止まらずさらに3ポイントを決め1点差!!

しかしその後市ヶ尾のファールにより桐光学園がフリースローを1本決め2点差に。残り4秒!

2点決めれば同点延長だったが、市ヶ尾の気迫もここまでだった。

両校とも高校生らしい、気迫あふれるいい試合だった。

次の3回戦より本来のスタメン二人が復帰予定の桐光学園。次の試合も是非頑張ってベストの状態で勝ち上がって欲しい。

また我が弱小チームもこの様に接戦で勝てる様に練習で追い込まなくてはいけない。

ますますヒートアップするバスケ馬鹿の休日でした。

|

« テスト終了! | トップページ | '06 沖縄♪"New"ちんすこう »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テスト終了! | トップページ | '06 沖縄♪"New"ちんすこう »