« コーチMのはじまり⑧ | トップページ | ☆☆インテリアセミナーに出席 »

2006年5月12日

若年認知症~明日の記憶

11日のテレ朝 スーパーモーニング若年認知症についてのコーナーで2組のご夫婦を紹介していました。認知症というのは高齢者の病気だと思っていましたので、働き盛りの世代の発症ということやこの病気に1万人以上の人が苦しんでいることは、ショックであり、病気と闘うご夫婦の絆をみて朝から大泣きしてしまいました。

ご主人が55歳で発症、記憶にあるのは学生時代以前のこと、大恋愛の末結ばれた夫人と大切に育ててきた子供のことは誰か分からないとのこと。奥様が独身時代もらった何通もの手紙と2人で仲良く写る写真の前で語っていました。『2人で楽しかった思い出を語り合うことは出来ないのよね。。。。』と。

大切な人の記憶の中に自分がいないなんてとても辛い。。。(;_;)

振り返ってみれば私にとって兄貴がいることが普通で、特に感謝もせず、もっと年老いたら昔を笑って語り合えればいいなぁ・・・などと漠然と考えていました。が、2人で話し合える今を大切にしないといけないなぁと、つくづく感じました。

若年認知症がテーマの映画”明日の記憶(渡辺謙主演)"の原作を読んでいます。そういえば、横山秀夫の”半落ち”もミステリーというより、認知症に苦しんだ夫婦の話でした。いずれも自分が認知症だと知った(告知を受けた)時の場面は、どう表現していいのかわからない複雑な胸の痛い気持ちになります。その時私はどうなるのだろう。。。何をしてあげられるのだろう。。。

|

« コーチMのはじまり⑧ | トップページ | ☆☆インテリアセミナーに出席 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174773/10017553

この記事へのトラックバック一覧です: 若年認知症~明日の記憶:

« コーチMのはじまり⑧ | トップページ | ☆☆インテリアセミナーに出席 »