« ☆手作りコンソールテーブル☆ | トップページ | 湘南飲料~地域限定・期間限定! »

2006年6月 3日

高校バスケ関東大会!

今日のバスケ馬鹿は千葉ポートアリーナに朝から乗り込んで高校バスケ関東大会(男子)を見に行きました。

会場最寄の駅はJR千葉駅(からモノレール又は京成線、タクシーなど)で、湘南地区に住んでいる私からすると2時間かかる遠い会場です。

それでも9時から始まる第一試合に合わす為、休日なのに頑張って早起きしました。

メインコートはバスケコート3面確保できる広い会場ですが、ここでは2面で平行して試合を行い、全部で第6試合(1,2回戦)まで行われました。(大会役員の方々お疲れ様でした)

Aコート第1試合ではいきなり我が神奈川代表の県立秦野高校が埼玉代表の東和大昌平と対戦。機動力のある秦野が強豪東和大昌平にどんな試合をするかが見所でした。

東和大昌平はよく鍛えられていました。決して大型チームではないのですが、コートに立つ5人は視野が広く、各々がやるべきことを理解している為にミス(ターンノーバー)が少ない。リザーバーも同様でとにかくミスが少ないのである。

秦野は完全にコントロールされてしまい完敗してしまいました。残念!

続く第2試合では我が地元湘南工科大付属が茨城代表の土浦日大と対戦!

土浦日大は④が正確な3Pシュートを決め、⑤⑧の長身センターがオフェンスリバウンドに絡む。更には湘南のエース⑧が厳しいマークに合いスムーズに攻めることが出来ない。代わりに湘南は④が高確率の3Pを決め、立ち上がりはお互い点の取り合いとなる。

ところが土浦日大のリザーバーシューター⑥が④と2人で3Pを落とさない。

リズムを崩された湘南が2枚シューターの土浦日大に離されていく…。

後半湘南エース⑧が爆発して10点差まで詰めるが反撃もここまで。安定した攻撃力とリバウンドを制した土浦日大が1回戦を勝利した!

この様にほぼ1日体育館で熱い試合を観戦することが出来充実しました。

強いチームとは大きさやスピードだけではなく、チームでやるべきことを皆が理解し、そしてミス無く、素早く、何度でも繰り返し展開出来ることだと感じた。

この点では埼玉の東和大昌平と千葉の市立船橋はよく鍛えられていた。この両者が2回戦で対戦してしまったのがもったいなかったが、よく鍛えられたチームの試合は観ていて飽きないし、とにかくエキサイティングだ!

選手の層も厚いし、どんな練習をしたらこの様なチームを作れるのか!?

まだまだ勉強することは沢山あるんだなー。

|

« ☆手作りコンソールテーブル☆ | トップページ | 湘南飲料~地域限定・期間限定! »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ☆手作りコンソールテーブル☆ | トップページ | 湘南飲料~地域限定・期間限定! »