« ついに 業者決定!! | トップページ | 燃え尽きました! »

2006年7月 8日

亡きエースの為に…

明日から中大杯が始まり、3年生達には「ラストダンス」となります。今回は特別に3年男子に限定したお話を一つしたいと思います。

ブログの中で江口や本山、牧、長谷部など3年生名前が過去出てきましたが、このチームに実はもう一人のエースがいたのです。

彼がもし今も生きていたら身長も伸びて長谷部の代わりに4番をやっていたかもしれません。

私達スタッフや選手達が今年のチームが弱小ながらに頑張り続けた理由がここにあるのです。

彼はG君といい、スピードがあり学力も優秀でとてもクレバーな選手でした。とはいえ江口達と同様でミニをやっていたわけではなく、初心者でバスケ部に入部して、能力の高い先輩達に揉まれながら頑張っていました。

昨年の3月後半。当時の中3達(現高2)の送別試合終了後の夕方、同じバスケ部の日吉と自宅へ帰宅中に事故は起きました。送別会は平日に行われた為、会社員をしている私はこの会には参加できませんでしたが、OBらや父兄達も参加して賑やかで楽しい送別会だったと聞きました。その帰り道にG君は通り過ぎようとした車にカバンを巻き込まれ頭部を強打し、そのまま意識を無くしてしまいました。一緒にいて事故を目前で見てしまった日吉の気持ちを考えても、私には想像も出来ない惨事だったと思います。

その週末に行われた練習試合の帰り道にて江口から「Gは大丈夫ですかね!あいつが居ないと、僕達の代はボロボロですよ…」言われた。雪の降る帰り道のことだった。

その後、悲しくも奇跡は起こらず、G君は帰らぬ人となってしまったのです。

葬儀の際お父様から「息子はバスケ部が本当に好きで、帰ると部活の話を良くしてくれたんだよ。○○先輩が…だとか。本当に楽しかったんだよ!」と普段のお話をしてくれて、私は言葉が出ない程の悲しみに襲われました。

私が彼に対して出来ること…。それは彼が本来いるはずの、彼の代を良いチームにしてあげることだ。彼の前で私はそう誓いこの1年間頑張ってきました。

この3年の代には弱小と言いましたが、何回も対戦相手に叩かれ、敗れながらもその度立ち上がり、よくここまで強くなれたなぁと感心しています。夏季選手権では予期せぬ江口のダウン及び山○中の気合に負けてしまい、しばし行き場を失っていましたが明日の中大杯は彼らにとってのファイナルステージです。

この1年間で試合に負けて挫折しそうになった時も、G君は彼らの側にいて「みんな頑張れ!」と叫んでいたと思います。だから3年生達はここまで1人も脱落者を出さずに頑張れたのだと思っています。勝っても負けても「ラストダンス」です。勝負にこだわりながらも楽しんでバスケをして、最高の成果を出そう。その為に私も最大限の力を発揮して臨みたいと考えています。

|

« ついに 業者決定!! | トップページ | 燃え尽きました! »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ついに 業者決定!! | トップページ | 燃え尽きました! »