« ♪お買物♪ | トップページ | ついに 業者決定!! »

2006年7月 6日

私の中の英雄

昨夜テレビを見ていたら、ソフトバンクの王監督が突然の記者会見で胃の手術の為に急遽戦線離脱するという発表があった。

そんなのサッカーじゃあるまいし、シーズン途中での監督解任じゃないだろうし…、でもあるとしたら…もしそうだったら…。

王監督の表情や、言葉が詰まる場面を見た私は、突然大きな不安に襲われた。

もともとスポーツといえば野球から始まった私であり、子供の頃の憧れは何と言っても「ON砲」だった。

中でも私は王さんの大ファンだった。背番号は1。一本足打法で世界ナンバーワンのホームラン王!学校から帰るとよく一本足の真似をしては素振りをしたものた。いわば、その存在全てが憧れの対象だったのである。

先日のオリンピックの頃、アジア予選終了後に長島さんが倒れ、時代は確実に英雄達の体を衰えさせ、記憶の中の存在へと変わり始めてきた。そんな中で王監督がWBCの監督に選ばれ、奇跡とも思われる内容で王ジャパンはナンバーワンとなり、王監督が胴上げされるシーンをテレビの前でうれし涙を流して観た!日本人で良かったと思うシーンだった。

そんな英雄からの発表に心臓と時間が止まってしまいそうだった。あのテレビの会見が最後なんて間違っても無いよな…。最大の憧れの危機というものがこんなにも怖いものとは思わなかった。

テレビでは具体的症状は明らかにされなかったが、出来ることならもう一度王監督至福の胴上げが見たい!喜びのインタビューを聞きたい!心からそう思った。

頑張れ!王貞治!!


|

« ♪お買物♪ | トップページ | ついに 業者決定!! »

#スポーツ観戦席での独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ♪お買物♪ | トップページ | ついに 業者決定!! »