« 風薫るカフェ | トップページ | 続 箱根でオフ会 »

2006年7月18日

車遍歴①

自動車免許を最初の会社に入社して取得し、すぐにコラムマニュアルのライトエースを営業車として支給された。
免許取得し、仕事とはいえ都内繁華街をブンブン走れるのは面白い。
しかし車体に社名の入っている車は色っぽくないな。プライベートで乗れないしね。

プライベートで使える車が欲しい!しかしどこに購入するお金があるんだ!?

そんな時に上司から悪魔の囁きが…
「俺車買い換えるけど、下取りしない?」

体育会出身の私が直属の上司からの誘いを断ることなど出来ず、まずは実車を見に行くことにした。

車はブルーバードSSSターボS。赤と濃いグレーのツートンカラー。セダンではあったが、憧れのターボ車だ。

実家では昔からTOYOTA車だった為、正直NISSANには抵抗があった。しかしこの車にはある特徴があった。ターボ車だったのである!

当時のターボ車といえば途中からガンガン伸びる加速(別名ドッカンターボ)と高速でのエンジン音。昔のターボ車によくある高回転時に甲高い金属音のするエンジンなのです。

走行距離は五万キロを越えていたが、最初だし…と思い40万で購入。少ないボーナスが吹き飛びました!

マニュアル車であった。初めはクラッチミートが上手くいかず前輪の空転が多かった。走行距離は多かったがエンジンフィールは良かった。

しかしながら購入後に頭を痛めたのは故障の多さであった。

購入後すぐにエンジンクーラーが壊れ、オーバーヒートで焼き付きそうになった。即入院。
次にショックアブソーバーが故障。入院。
更にヘッドライトやウインカーライトが切れ始め走行危険。
車内の部品もボロボロと壊れ始め、正直まいりました。

家族からも変な車握らされたんじゃないの???と言われ始め、購入1年少々で次の車を検討することになった。

|

« 風薫るカフェ | トップページ | 続 箱根でオフ会 »

∞兄貴 to 車好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 風薫るカフェ | トップページ | 続 箱根でオフ会 »