« 同窓会! | トップページ | 悲しい過去 »

2006年7月 3日

ブロック決勝にて

2日の日曜、市大会ブロック決勝を観に行った。我がチームは男女共に目標とする所で走りきれず無念ではあるが、ここは一つ謙虚に勝ち残るチームとはどの部分が強いのかを勉強しようと思った。

私の所属しているのは町○市で、町○は男女3ブロックでトーナメントを作り、最後勝ち上がった3校で決勝リーグを行い、最終的に上位1、2位が都大会に出場するのです。その決勝リーグに進出するチームを決める熱いブロック決勝なのです。

私が観た試合は女子2試合と男子3試合でした。

自分はコーチの為選手を観るというより、色々なシチュエーションにおいて各チームのコーチがどう動くのかに興味があった。チームの数だけコーチがいて、味付けも様々だ。すぐ動くコーチもいれば信じられないほど動かないコーチもいた。動かなすぎて負けたチームもあれば、最後少しだけ動いて勝ったチームもある。

周りで観ていた先生方からも賛否両論だったが、勝負事であるのだから、やはり勝つ為の努力をしなくてはいけないところだろう。普段なかなか客観的に自分自身を見ることが出来ないため、ここは色々なスタイルでリードする姿が勉強になった。

試合の勝敗については、各チーム能力や体格の差はあれども、ひたむきに練習を続けてきたと思われるチームがほとんど勝利を手にした。ただしお互いがひたむきにやってきた同士の場合、悲しいかな体格やハートの強さが明暗を分けるようだ。

第一シードと対戦するチームは凄い気合いだ。男子は○山田中が優勝候補の大本命で、メンバーはたった五人しかいないのだが、圧倒的な個人能力で勝ち上がってきた。対するは我がチームに勝利した山○中だ。

さすがに○山田中には…とは思ったが、気合いの入った速い寄りの2-3ゾーンが○山田中のエースFWの気迫を上回り、簡単にインサイドでシュートを決めさせない!凄い気合だ!うちがやられたのがこのハートだ。実際このゾーン以外○山田中が圧倒的に上で山○中はボール運びすらまともにやらせてもらえない。それでも彼ら諦めず最後まで全力で戦った。

数字(スコア)では大きく離されて敗れた山○中だが、天晴れな試合だった。技術ではない強固なハート作り…私の新チームに対する一年間かけて乗り越えないといけない大きな課題だ。

|

« 同窓会! | トップページ | 悲しい過去 »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 同窓会! | トップページ | 悲しい過去 »