« ♪この夏のヒット♪アイスコーヒー | トップページ | 1週間で… »

2006年8月 4日

車遍歴⑥

ローバー220クーペの納車の日は天気も良く、心も晴れ渡る良き日であった。ディーラーは環八に接しており、交通量の多い道路であったが周りのことを気にするよりも自分の運転の方が心配だった。

これまでと同じマニュアルシフトなのだがクラッチミートの感覚がこれまでの日産車と違う。微妙に重いのだ。

借りている駐車場の大家さんもかなりの車好き。早い車はクラッチ重いんだよ!慣れだな!と一言。確かに慣れなんだな。あまりに感覚が違うので少々不安があった。しかしこの車には大きな問題があったのだ。それはその後明らかになった。

慣らし運転も終わり、数ヶ月は快適なドライブを満喫できた。クーラーをかけるととてつもなくうるさいことが分かったが、これはもう仕方ないこと。とりあえず加速は素晴らしく、グリップの太いハンドルや総革製のシートは気に入っていた。

ところがある日のこと。車に乗ってエンジンかけて発進しようとしてクラッチを踏み込んだところ「ボコッ!」とクラッチが足元奥にめり込んでしまった!?

あせった!壊れて動かなくなってしまい途方に暮れた。しかしすぐにディーラーに連絡をしたら「クラッチワイヤーが切れましたね。すぐに交換します。」とのこと。たまにはこんなことあるのかな…。

だが、これで終わりではなかった。友人達と那須に旅行へ行く時のことだった。この日の為にカーナビまで設置して完璧!と思い出発したところ、数キロ走ったところで「ボコッ!」と切れた。さすがにこれはまいった。JAFを呼んで数時間。ようやくレッカーが来た。烏山にて待ち合わせをしていた友人はパチンコして時間を潰してくれたが申し訳ないことをした。

そしてまた別の時にも、何か切れてしまいそうな軋む感覚が左足を通じて感じた。ディーラーに行ったら危ない状態だった様だ。

「あまり強く踏み込まないでください!」これが回答だった。エキサイティングなスポーツカー乗っていて、踏み込まないではないでしょう!?インターネットで検索したところこの症状で困った人が多いことが分かった。

担当営業の人も転職していなくなってしまい、次はランドローバーにしようかと思っていたのに、一気にさめてしまいました。外車の維持はなかなか難しいですね。

|

« ♪この夏のヒット♪アイスコーヒー | トップページ | 1週間で… »

∞兄貴 to 車好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ♪この夏のヒット♪アイスコーヒー | トップページ | 1週間で… »