« 今週の成果は?? | トップページ | ☆ジョイフル本田再訪! »

2006年9月25日

大学リーグ8戦目

今週も大学リーグ戦は土日に行われた。今週の相手はチーム力のあるH橋大だ。

ここは昨年下部リーグから勝ち上がって、今季より3部Bで戦う事になった。飛びぬけて能力の高い選手がいる訳ではないのだが、チームプレイを良く練習しているチームで、特に4年生の集中力がある。

下部チームで今季3部Bに上がってきて、ここまで上位校との対戦で白星を上げているのはR教大とこのH橋大だけである。油断は出来ない。

私は例によって土曜の緒戦は中学バスケ指導の為に行くことが出来ず、今回も2戦目からの合流となった。

昨日の試合は97-67で勝利したようだ。2ピリに相手#23FWがオフェンスチャージを繰り返してコートを退き、その間にこちらが突き放した形になった様だ。

今回は当然対策を練ってきているだろう。相手もこれ以上負けられない。

試合開始からH橋大はシューター#7へパスを回し、得点を入れようと努力をするが、こちらもキャプテンがへばりついて離れない。自分達の流れに持っていけないH橋大は徐々にイライラしてくる。

ようやく回って来たボールに#23が早速1回目のオフェンスチャージ!本能のプレイはなかなか修正できないようだ。

こちらはリズム良くブレイク・3Pを決めて突き放しにかかる。だが相手もセンター#5が確実にゴール下を捻じ込んできて離れない。前半終わってリードはしているが、40-32と2桁のリードは許してくれなかった。

後半に入り1-2-2プレスが効き始める。相手ガードがフロントコートに入るのを考え始めたら半分かかったも同然。さらにコーナーでのダブルチームやカットからのブレイクが飛び出せば大成功だ。

流れが良いとディフェンスが良く決まる。オールのマンツーやプレスのチェンジングが効いて点数が離れ始めた。疲れが出始めたH橋大は徐々にスタメンが替わって行った。悲しいが負けパターンである。

最終的にこちらはベンチメンバー全員出場して97-66と快勝!向かいに座っていた控え選手や応援に来た父兄達が盛り上がった。

こうして我々はリーグ戦の前半を7勝1敗と同率1位(T学芸大も)で終了した。来週からは上位校との対戦である。選手達には余計なミスを増やさず、普段通りの力を発揮し、ベンチメンバーの力も最大限活用して後半も走り抜けて欲しい!

|

« 今週の成果は?? | トップページ | ☆ジョイフル本田再訪! »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週の成果は?? | トップページ | ☆ジョイフル本田再訪! »