« 中学新人戦男子2回戦 | トップページ | ♪1000円のハンバーガー~KUA ’AINA »

2006年10月24日

女子新人戦初戦!

男子が2回戦を戦った同じ日、第1シードである女子は2回戦より登場することとなった。敗戦に落ち込む男子を横目に、初戦の緊張を隠せない女子チーム。相手は薬○中。昨年から何度も戦っているチームだ。

この試合では4番(センターフォワード)の江見が怪我の為にスタートを離れる。代わりに同じ2年生の大川がスタートに起用された。パワーフォワードの成長株だ。

試合が始まった。こちらはオールコートマンツー、薬○中は1-3-1ゾーンでスタートした。

オールコートマンツーは相手ガード陣にプレッシャーを与える。インターセプトから高田がドライブに持ち込むが力み過ぎているのか緊張なのか次々とイージーシュートを外してしまう。

一方薬○中は荒削りだがポイントゲッターのFWが2連続でシュートを捻じ込む。盛り上がる薬○中。また今年もスロースターターなのか???

相変わらずゲームの起こしの悪い我がチーム。ガードのミスを埋める様にセンター愛川と大川がゴール下を入れ返す。だがそれでも流れに乗ることが出来ない。

この試合よりスタート復帰した橋口は1ピリに3Pを3本打ったが成功は0本。今日スタートの大川はカットやディフェンスリバウンドを頑張るが、ここ1番でバイオレーションやミスプレイを犯し波に乗れない。愛川もゴール下を外しまくる…。途中1年の中田がカットインを決めるシーンがあったが、1ピリは12-7とロースコアだった。

2ピリに入り少し慣れたのか高田がドライブを決め始めた。彼女がドライブを決め始めるとチームは動き出す様だ。勢いに乗って橋口に3Pが飛び出した。続いて愛川のゴール下、高田の3Pも決まり始めた。ディフェンスでも足が動き出し、2ピリが終了して30-13とリードして前半を終えた。

ハーフタイムにて、もっと高い位置からボールプレッシャーを与えることと、ディナイディフェンスの強化を指示した。また、オフェンスでは余計なドリブルの為に速攻に必要なパスが出なかったことを前半の反省点とし、後半思い切りリードパスを出す指示をした。

3ピリは愛川と大川のインサイドが決まりだし、高さの無い薬○中は苦しい時間となった。更には橋口と前田に3Pが決まり始めた。唯一上手くいかないのが速攻で得点が取れないことだった。しかし3ピリが終了して49-17と勝負はついた。

4ピリはリザーバーがアピールする時間となった。夏季大会で橋口の変わりに頑張った高井だが、まだまだ空回り。また時間は少なかったが1年生のリザーバーがアピールした。

センター候補の桜木と海野は共に初心者だが面白い素材だ。桜木は技術は無いがフィジカルがとにかく強い。当たり負けすることが無い。動き自体は素人なのだが、ゴール下でボールを受けると期待してしまう。海野は反射神経が優れていて思い切りが良く、どんどんパスカットを狙える選手。この試合でもいきなりカットして場内を沸かせた。

そして1年生経験者で唯一ポイントガード(1番)の森山も試合に出すことが出来た。試合終了直前で出た奇麗な速攻に彼女は絡むことが出来た。

最終的に多くのリザーバーを出場させながら65-27と新人戦初戦を勝利することが出来た。来週はもう少し落ち着いて、精度の高いバスケットを期待したい。

※名前は変えてあります。

|

« 中学新人戦男子2回戦 | トップページ | ♪1000円のハンバーガー~KUA ’AINA »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中学新人戦男子2回戦 | トップページ | ♪1000円のハンバーガー~KUA ’AINA »