« ☆まだカーテンは決められない! | トップページ | ♪ドーナツプラント »

2006年11月21日

練習での意識か!

待望の都大会は予想以上の力の差を見せつけられて初戦で敗戦し、いつまでも悔しがってばかりいられないので今日は具体的反省点を考えていた。。

私自身が選手によく言う言葉で、「練習したこと以外試合では表現できない…」、まさにその通りの内容だったと思う。

高田は起こしから良く頑張ってドライブに飛び込んだと思う。フィニッシュにおけるフィンガーロールと、シュート前のステップを課題として練習課題として与えていたが、これは出来ていただろうか?

前田には速攻時に前線へ放る強いリードパスを要求していた。そしてPGとして、苦しい時間帯に我々は何をするのかの指示を出すように要求していた。これを徹底出来ただろうか?

橋口にはシューターとしてキャッチから素早いモーションからの3Pを要求していた。昨日の試合では無理な距離から連続して打つ事が多かったが、普段通りのシュートを打つために膝を曲げてパサーの視界に入る場所へ動いて要求していただろうか?

センター陣は都大会では予想以上に頑張ってくれた。しかし市の大会では全くダメだった。ローポストなどで自らディフェンスに体を寄せたりしながら常に勝負を挑んでいただろうか?ペイントエリアでポジション争いをしながら、どこでボールをもらって、「打点の高いゴール下シュート」を打つ事が出来ていたか?

セットオフェンスの練習にはかなり時間を使っていた。試合相手は想定通りのマンツーマンだったのに、選手達はただ試合に夢中になって練習したことをコートで表現しようとする事が出来なかった。コートやベンチの選手が「エントリーやろうよ!」と声を出したものはいただろうか?

だが今思えば試合での彼女らの姿は普段の練習通りで、彼女らなりに表現をしようとしていた部分も多かったと感じる。前半こそ差が開いてしまったが後半はイーブン以上のゲームは出来ていたし、試合中にあそこまで対戦相手のレベルに順応出来るようになれたのなら、これからの練習で彼女らは「ここまでやらなくては成功しない」という具体的な線引きが出来たと思う。

これまでの練習試合は市内での試合ばかりで負け知らずだった。ミニ不毛のM田市において実戦経験の豊富な彼女らが勝てるのは予想通りだったと言える。その様な環境が私や彼女らに「これで勝てるんだ」と心に隙を作ってしまったのだろう。

今回の敗戦で改めて「やるべきことの徹底」を強く感じさせられた。選手達は今週試験があるので微妙な気持ちなのだろうが、試験明けから気を引き締めて、やるべきことの具体化と徹底を図りたいと思う。

※個人名は変えてあります。

|

« ☆まだカーテンは決められない! | トップページ | ♪ドーナツプラント »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ☆まだカーテンは決められない! | トップページ | ♪ドーナツプラント »