« ♪酉玉~マニアな焼鳥 | トップページ | 箱根駅伝~留学生ランナー »

2006年12月14日

練習試合番外編

どこのチームも控えにも引っかからない補欠メンバーがいると思います。我がチームにも男女該当する者がいます。

女子は全体的にレベルアップして練習をしている為か初心者といってもそこそこバスケットになりつつあります。しかし男子の場合はそうではありません。上級生も初心者が多い為に、基礎能力が高い選手で無い限り、全体的になかなか上達するスピードが上がりません。

今回の練習試合ではそんな補欠君達にも活躍する場が与えられたのでした。

対戦相手の先生方とも相談し、丁度お昼休憩の時間に男女10分の1本ずつをやらせてもらいました。

女子は元々経験者が多く、好きにやりなさい!と言われれば勝手にバスケをやる事ができます。それでも補欠メンバーだけで試合を行うとゲームコントロールが出来ないためかドッチボールをしているみたいです。

一方初心者軍団の男子は今回5人の1年生が来ていました。普段はあと1人いるのですが、それでも6人と弱いし少ないし困ったものです。

また、試合といえばユニフォームです。全員持っていない為に2人分を2年生から借りて試合になりました。

パスやドリブルを一目見ただけでも「素人」と感じるメンバーで、相手ディフェンスの壁を越える事が出来ず、殆どセンターライン付近でつぶされてしまいます。

「こりゃー来年は厳しいなぁ…」などと思いながら彼らを見ていると、皆押されながらもしっかりと目を開けて前を見ています。小さな選手ばかりなのですぐに囲まれてしまいますが、困ってプレイを投げ出す選手は一人もいません。むしろ楽しそうにプレイしていたように見えました。

中学に入り初めての遠征で、初めての体育館で、ナンバーリングではなくユニフォームを着て試合をする事が出来た!なんてエキサイティングなんだろう!そんな感情が伝わってきました。

弱くても自分の中の何かがはじけて大きくなる。そんなプレイをこれからも見せて欲しいと感じました。そして1日でも早く「戦力」として2年生に混じってゲームに加わり、チームとしての勝利の喜びを分かち合って欲しいですね。

|

« ♪酉玉~マニアな焼鳥 | トップページ | 箱根駅伝~留学生ランナー »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

地底人様
コメント有難うございます。
今の3年生達も1年生の頃は全く他校に歯が立たず大変でしたが、日々の練習の成果で最後に「チーム」なることが出来ました。
今年の1年生も泣き笑いながら、決して諦めることなく前進してもらいたいと考えています。

投稿: 湘南兄貴 | 2006年12月14日 20:55

いわゆる、B戦というやつですね。遠征には父兄持ち回りで送り迎えの車を出します。中には試合に出ない子の親が当番になることも。そんなときB戦が行われると、非常に喜ばれます。そして子供たちも。
遠征先では、昼休みなどを利用して、積極的にB戦をお願いしています。
トラベリングの多発や、相手ゴールに向かっていったり、珍プレーの応酬ですが、未来のチームは、君たちが担って行くのです。入り立ての頃よりも、ずいぶんうまくなっていませんか?(笑)

投稿: 地底人 | 2006年12月14日 15:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ♪酉玉~マニアな焼鳥 | トップページ | 箱根駅伝~留学生ランナー »