« 来年の雪辱を期待 | トップページ | ♪富麗華の飲茶ランチ »

2007年1月 6日

初練習の成果は?

年末年始にしっかり充電した私は今日の練習を楽しみにしていました。
休みの間に彼らがしっかりトレーニングをしているとは季節的にも思いませんでしたが、実際に動かしてみると予想以上に鈍っており、少々焦りを感じました。

もっとも今日は激しく走る練習ではなく、ハンドリングや色々なパス練習、シュート練習を中心としたメニューにし、最後にセットプレイの新しいパターンを導入するつもりでした。

ハンドリングやパス練習ではかなり細かいメニューを短い時間に数多く実践し、特に一年生ら初心者達には良い機会だったと思います。
パスは対面パスからトライアングルパスに発展させ、ハンドリングの応用を体感してくれたと思います。
シュート練習も色々なパターンのゴール下からジャンプシュートを行い、徐々に感覚も元に戻ってきたのではないでしょうか。

また、セットプレイに関してはこれまでマンツーマンディフェンスを想定した1―3―1や1―4からのパターン練習を行いましたが、今回は新たに2―3からの展開を導入しました。
彼らから見ると、これまでもパターンを覚えるのが大変だったみたいで、《新パターン!》と言っただけで溜息がもれていましたが、具体的内容がこれまでシューティング練習で行ってきたパターンの組み合わせと理解出来たら、なんとか動き出すことが出来た様です。

一般的には「フレックス」と呼ばれるフォーメーションで、我が大学チームで得意にしている内容です。中学生にあまり難しいことを言っても理解出来ませんが、今回はすんなり入れて良かったと思います。
ただし、まだ導入段階です。これから実践を通して完全に武器になるかどうか!?という段階です。

まずはリードする私が焦らず、確実に技術や使用内容を身に付けさせ、近く行われる市民大会にてしっかり磨き上げたいと考えております。

|

« 来年の雪辱を期待 | トップページ | ♪富麗華の飲茶ランチ »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 来年の雪辱を期待 | トップページ | ♪富麗華の飲茶ランチ »