« VWゴルフの新型! | トップページ | DVD作成悪戦苦闘 »

2007年1月31日

☆素人の心配~穴が・・・

お家を建てられた方は、”いろいろ心配のしすぎですよぉ・・・”と思われるかもしれませんが。。。
建物の壁の中なんて、ほとんど初めてみるものばかり。
大工さんがしっかり作って下さって、監督がちゃんとチェックをしてくれているので、”想定内 (・・・古!)”のことなのでしょうが、
時折”なんなのーぉ!”と心配のさざ波がたってしまうことがあります。

例えば・・・

Img_3170フレーミング工事(写真は2階の天井部分)が終って、”2x4って構造材が縦横そろったラインに設置されて綺麗だな♪”、とちょっと安心&嬉しい気持ちだった翌日。

Img_3175_1目に入ったのが、突然現れた穴の数々!!

Img_3191ちょっと ギョっとしてしましました。

配線のための穴だということは分かるんですが、ちょっと大きめだし、そこかしこに開けられています。

Img_3183 配電盤が計画されている箇所なんて、すごいことになっています。→

穴と線だらけです。

こんなに同じ箇所に穴を開けて、強度は大丈夫なの???と心配になってしまいました。

返ってくる答えは想像できたけど、確認せずにはいられない。

”あのぉ・・・配線の穴ってあんなに開けちゃって大丈夫ですか?” (こんな質問しかできない自分が情けない (=_=))

”ご心配いりませんよ。穴を開けて大丈夫な箇所をちゃんと設計図面で指定してありますから”

全体をみてみると、確かに穴をあける箇所は決まっているようで、場所が集中しているために穴ばかりのように見えるみたいです。

建築工事になったら、職人さんを信じて、腹を括って、でんと構えていればいいんでしょうが、それがなかなか難しい。
(特に昨今はプロ意識の欠けたニュースが多いので)

ワクワク感と不安感の間をいったりきたりの毎日です。
内装に入っていけば、ワクワク感が増えてくることを期待しつつ、、、

|

« VWゴルフの新型! | トップページ | DVD作成悪戦苦闘 »

建築現場レポート」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

着々と進んでいますね!
我々も春までには基礎を・・・と思っていますが。本当なら今頃基礎終わってるハズでした。

LAN関係は悩みますね。私もその内無線と思って1階と2階に1個ずつ配線して無線の口だけと安易に考えてます。もうちょっとしたら電気のコンセントでLANも行けそうですし。
でも、有線が一番確実です。そして今旬なモノを選ぶのがベストですよね。
でわ

投稿: Tom2 | 2007年2月 2日 20:04

いまのところPCは1台ですので、有線でつないでおります。ブックでも増えると、無線LANを使うことになると思います。
デジタルテレビやビデオなどでは、LANに対応している製品がぞくぞくと出て参りましたので、主要なテレビ設置位置には、電話線、LAN配線、余分なコンセントなど、計画しておくといいかもしれません。
(家電製品もインターネット接続でファームウェアをアップデートするんですね。)

投稿: 地底人 | 2007年2月 2日 12:06

☆地底人様

地底人さんもそうだったんですか?なんか安心しました。(笑)

無線LANはいかがですか?私も無線か有線かで悩みましたが、有線のスピードに慣れてしまっているので、有線にしました。
電気屋さんも現在、通信関連の設備をどのようにするかは、”これだ!”という回答がないとのことでした。


☆みずきかあさん様

心臓に良くないですよぉ~、「まいっかぁ~」はないと信じたい!!

最近は建設現場にカメラを設置してネットでチェックする施主さんもいるって、大工さんから聞きました。
そこまではする気もないけれど、こっそり、大工さんの独り言は聞いてみたいですねぇ・・・

現場にはなるべく顔を出すようにしています。
確かにびっくり&ドキドキの日もありますが、段々ワクワクの日が増えてきているようです。

投稿: shonangirl | 2007年2月 1日 21:53

本当に心配になりますよね。私も全く同じでした。こうした私たちに理解できるように説明して頂くこともプロのお仕事だと思います。納得するまで聞き倒しましょう。(笑)
私の家では将来を見越してISDN配管を全部屋に通しました。(今となっては無線LANが主流なので無意味な投資となりましたが。)ですから、穴なんて、そりゃすごいことになってます。(爆)

投稿: 地底人 | 2007年1月31日 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« VWゴルフの新型! | トップページ | DVD作成悪戦苦闘 »