« ☆お別れと出会い | トップページ | ♪かさい珈琲のチーズケーキ »

2007年1月29日

総合大会:女子二回戦

昨日の練習試合に引き続き、女子は市の総合大会二回戦が行われた。相手はTくし野中である。

やるべき内容は昨日の練習試合で行なっていた。今日はその修正点をコートで表現してくれれば良い。

試合開始直前、ポイントガードの前田が「まずい!緊張してきた!」と言った。まさかと思って彼女の顔を見ると表情も固く、青白く弱々しい感じに。しかし相手はやる気満々の様である。

試合が始まると、高田のドライブから先制点を奪う。課題のディフェンスもしつこいニータッチでTくし野ガード陣を苦しめる。

カットから前田がドライブを外す。昨日も調子が悪かったが、まだふっ切れて無い様である。

マンツーマンはほぼ期待通りの効果を見せるが、センターの愛川や大川がパッとしない。大川は腰に不安があり、少しプレイさせたら江見と替えるつもりだった。ところが交代して出た江見もイージーシュートを落として波に乗れない。

ディフェンスでも前田が連続ファールで1年の中田に代わる。そうすると高田がポイントガードをやるのだが、セットオフェンスの指示でチームをまとめることが出来ず混沌とした状況に陥る。

1ピリはそれでも13‐9とリードする。相手キーマンは④だが、注意してディフェンスを付かせても離せばスリーを決めてくる。だがそれ以外は抑えており、我々は自ら犯したミスに苦しんでいる状態だった。

2ピリではディフェンスを1-1-2-1のトラップディフェンスに切り替え、その効果があって起こしからインターセプトの山を築く。

ところが情けないことに、折角中盤でカットしてもスピードを持ってカウンターに持ち込めない我がチームは突き放すチャンスを逸する。

前半終わって24‐17と僅かにリードするがベンチにはいらついた空気が流れる。

カットからの前田、高田、橋口の決定率が極めて低く、速攻からセットプレイへの移行が下手だった。橋口もスリーが1/8と不調。センター陣は愛川、大川、江見三人の合計確率だけで1/10と散々な内容。

なんで落ち着いて周りを見、状況を判断しながらプレイ出来ないのか分からなかった。

ディフェンスとしては昨日頑張った成果もあって失点を抑えることは出来ているのに、大好きなオフェンスでの自滅が痛かった。

試合は4ピリに相手キーマンである④に少し攻め込まれたもの46‐31で二回戦を勝利した。

ガード陣のディフェンスにおけるニータッチへの入り方とオフェンスでのドライブによる決定力。そしてセンター陣のゴール下でのゴール下やリバウンド等の必死なプレイが課題として残った。

|

« ☆お別れと出会い | トップページ | ♪かさい珈琲のチーズケーキ »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

千馬様
コメント有難うございます。
これまでは前半リズムが狂っても後半のどこかで元に戻ったのですが、今回は結局最後まで狂ったままでした。
オフェンスはバスケの中でも特に自分及びチームのリズムを要する所。練習してきたディフェンスが機能しなかったら負けていましたね。
男子は今週のスキー学校から帰ってきた翌日が多摩大会初戦です。少しタイミングが悪いですが頑張ります。

投稿: 湘南兄貴 | 2007年1月31日 07:07

お疲れ様です。千葉馬鹿です。
先日の試合は、最後まで見れずに申し訳ございませんでした。

それにしても、公式戦の入りというのは難しいですねぇ。ずるずる行かなかっただけでも、強さがあるのだと思いました。

来月から、都下大会が始まりますねぇ。我が、某高校は、練習があるかないかわからない状況ですが、タイミングが合えば、応援に伺います。

これからは、風邪との闘いも始まりますが、頑張っていい経験が積める大会にして頂ければと応援してます。

失礼します。

投稿: 千葉のバスケ馬鹿です | 2007年1月30日 12:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ☆お別れと出会い | トップページ | ♪かさい珈琲のチーズケーキ »