« ☆寝室からの眺めは… | トップページ | ♪北京ダック~全衆徳 »

2007年2月 5日

多摩大会男子3回戦

2月に入り今年も多摩大会が始まった。我がチームとして今日は男子3回戦が行われた。

以前も触れましたが、今回男子は組み合わせの関係で3回戦からの参戦とかなりついています。なんとか今日の試合を勝ち抜いて来週の4回戦に駒を進めたかった。

そんな我々の相手はH村山市のM治学院中(以下MG)。昨年行われた新人戦のデーターを見るとそれ程得点能力は高そうではなかった。小さなメンバーなのかな…と思って会場に入ったところ、現実は皆我々よりも体格が大きく驚いた。

トーナメント戦は1つでも負けたらおしまいです。気持ちを引き締め試合が始まった。

試合は佐山・川嶋・井川・高久・井原でスタート。課題はこれまで通りマンツーマン強化による失点のコントロールである。

トスアップ直後相手ボールからMGガードが素早いドリブルシュート狙うがこれを落とし、リバウンドから佐山ー高久の速攻が出て良し!と思った瞬間、高久の信じられないイージーミス。こぼれ球からカウンターを受けて先制される。

MGは体格の1番大きな⑤がセンターではなくガードフォワードをしてきて、ポジション的にミスマッチとなった井原が苦しむ。さらにこの⑤はボールハンドリングも上手でなかなか上手い。

課題のディフェンスは高い位置から相手をキャッチしてMGガード陣にターンノーバー誘発させることが出来た。問題はこの後のオフェンス処理である。大型センター陣に対して高久のシュート確率が悪く、これ以外でも佐山がドライブを外したりと攻めている割には突き放せない。

だがしつこいマンツーによってMGは疲れ始め次第に流れはこちらに傾き、前半終了して34-14とリードする。

後半も激しいディフェンスから得点を!と思っていたらMGは2-3ゾーンを引いてきた。前半我がチームより速攻の縦パスを何本も通されたMGはここでの失点を抑えるつもりだ。

前半とは打って変わってじっくり攻撃することとなったが、ゾーン対策の練習はしていたので後半はそれをじっくり試させてもらった。

始めはパス回しもぎこちなくペネテレイトやポストへのパスも上手くいかなかったが、タイムアウト等での指示を理解してくれたのか徐々にゾーンを崩すことが出来始めた。これは大きな収穫である。

後半途中フラストレーションからか(?)ボールを床に叩き付けた井原がテクニカルファールを取られて雰囲気が悪くなるシーンもあったが、最終的に2年生のリザーブも出しながら58-40でこの試合を勝利し、来週の4回戦に駒を進めることが出来た。不調だった高久も後半は調子が上がってきたし、セカンドガードの川嶋も自分の仕事が出来るようになってきた。土曜までにしっかり調整して更にステップアップを目指します。

※個人名は変えてあります

|

« ☆寝室からの眺めは… | トップページ | ♪北京ダック~全衆徳 »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ☆寝室からの眺めは… | トップページ | ♪北京ダック~全衆徳 »