« 多摩大会迄の進捗 | トップページ | ☆修正見積をお願いしたい。 »

2007年2月17日

☆図面、メジャー、デジカメ、そして見積

最近 現場へ傾向する4品です。

図面は各部屋毎に部屋の中央から四方をみた展開図をもらっています。

メジャーは実用優先の3.5M。業者さんと同様のもの。
これは施工状況を確認するというより、自分の距離感(特に高さ)の曖昧さを痛感して持参するようになりました。

そしてデジカメ。
なかなか現場にいけない兄貴に報告がてら見せています。
これも、後でブログ記事を書くときに確認できたりして便利です。
私だけかもしれませんが、一生懸命現場はみているつもりですが、意外と記憶にない部分って多いです。

そして最近持ち物に加わった見積書。

うちの業者さんは細かく作業別に見積を出してくれていて、使用する部材名も表記されています。

最初に見積を見た時は数字が気になるものの、書いてある内容がチンプンカンプン。
いくつかは質問しましたが、わからない言葉が多すぎて、一応予算内なのを確認して”良し!”としていました。

木工事が進むにつれて、見積に記載されている建材が次々と登場。

断熱材とあっても内壁(ロックウール)と浴室内(ポリスチレンフォーム)と違うことや、
捨て合板って下地用の板とか、
水切りって外口部や土台にある板金のことだとか、、、

ちょっと分かってきて、楽しくなってきちゃいました。
見積そして、工程が良く分かってくると、家って、本当に多くの職人さんの力でできているんだなぁ・・・とつくづく思います。
どんな物を使って、どの職人さんによって、どう作られているかを間近にみられて、日々愛着が湧いています。

(注 もちろん見積は控え目に持参してます。職人さんの前では広げません)

|

« 多摩大会迄の進捗 | トップページ | ☆修正見積をお願いしたい。 »

建築現場レポート」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 多摩大会迄の進捗 | トップページ | ☆修正見積をお願いしたい。 »