« ♪西鎌倉のトラットリア Fossetta | トップページ | 引越しの息抜き »

2007年3月31日

春季大会について

毎年4月中旬になると中学バスケ春季大会が始まります。我がチームは東京の7学区に属しており、ここはH王子・H野・T摩・I城・M田で構成されています。この中で勝ち抜いた男子は上位3校、女子は4校(3校??)が都大会に進出します。

男子は正直どこが勝ち上がり都大会の切符を手にするか分かりません。しかしミニのあるH王子は実力があり、Y井やM木は都大会でも勝ち上がっている強豪です。

ミニ不毛のM田市男子は毎年勝ち上がりに苦戦しますが、今年はW光やN大三など頑張るチームが多く、抽選によっては上位に食い込むチャンスは大いにあります。

一方女子にとっては大変強豪だらけの大変な地区と言えます。

H王子だけ見ても多摩大会優勝のH王子1中を筆頭にKノ原、H王子7中、R南と都大会でもトップクラスの実力校が4校もいます。

H野市でもH野4中は毎年都大会出場の強豪。T摩市のHヶ丘も侮れません。

ここ最近の我が女子チームはオフェンスにおいて壁に当っています。春季大会で上位に進出する為には現在練習しているコントロールの実践も大切ですが、それ以上に「速攻」で相手に脅威を与えなければいけません。

攻守におけるトランジション、速攻時のリードパス、スピードにのったレイアップ、そしてセットでの確実なフィニッシュ。

男子チームも相手をじっくり見て、自分達のスピードやFW陣の決定力を利用すれば上位進出も夢ではありません。あとは相手に負けないと言う気持ち。これが大切です。

4月になると1,2年生は2,3年生となり、学校生活での変化に対応しなくてはいけません。なれる頃に大会は始まるので、選手各自高い意識と具体的な目標を持って臨んで欲しいと思います。

|

« ♪西鎌倉のトラットリア Fossetta | トップページ | 引越しの息抜き »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ♪西鎌倉のトラットリア Fossetta | トップページ | 引越しの息抜き »