« ☆取説でお勉強 | トップページ | プロ野球観戦! »

2007年4月20日

ポイントアップを図る

今週末から始まる春季大会は単なる大会ではなく、一番大切な夏季選手権での「シード権獲得」の為に大変意味のある大会である。

6月に行われる夏季選手権でのシード権決め方ですが、新人大会・多摩大会・春季大会での勝ち上がりに対して上位校より「ポイント」が付き、夏季選手権ではこの「ポイント合計数」によってシードの順番が決まるのである。

先日市の総合大会で女子は優勝しましたが、あれは中体連主催で無い為に残念ながらポイント稼ぎに繋がりません。

我がチームとしては多摩大会で頑張った男子がポイント2を獲得。女子は新人で優勝して4を獲得したが都大会や多摩大会では勝っていない為に追加ポイントがありません。

全体的なポイント数において、現在男子のトップはN大三のポイント8。個人能力の高いこのチームは春季大会も更にポイントを獲得して夏季選手権での第一シードは間違い無いでしょう。

ただし二位以下は混沌としそうです。二位のW光とM成瀬の差はたったのポイント1。しかもこの両者は三回戦で対戦する可能性があり、もしM成瀬が勝利したら第二シードとなるでしょう。

我がチームは順調に勝ち上がり第三シードに絡めるかどうかです。状況は厳しいですが、よくここまで前進しました。

一方女子は一位から三位までのポイント差はそれぞれ1である。よって二位O美林や三位M田二中もチャンスは十分あります。

更にポイント下位のチームでも総合大会ベスト4のT川学園やS光寺、Tくし野など侮れません。

ただ今はあれこれ考え過ぎず、自分達の目標とするバスケットを極力ミスを少なく行うことに重点を置き、選手と共に1戦1戦頑張るつもりでいます。

|

« ☆取説でお勉強 | トップページ | プロ野球観戦! »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ☆取説でお勉強 | トップページ | プロ野球観戦! »