« 曳家工事というらしい・・・ | トップページ | 練習試合女子0609 »

2007年6月10日

練習試合男子0609

夏季選手権前の練習試合として、今日はK金井市のK金井M中学(以下KM)と練習試合をする機会を得た。

この試合は後輩でC大附属(以下CF)のコーチをしているY本さんからの紹介で実現しました。本当に有難うございます。

今回の練習試合における大きな目的は「強いチームになること!」です。これは決して「上手いチーム」ではありません。下手でも対戦する相手に気持ちで負けず、最後まで戦い抜く姿勢の育成が夏季選手権では絶対必要なことなのです。

まずは男子がKMと対戦し、序盤は佐山のスピードあるドライブでリードする。しかしスタメン復帰した高久の調子は思う様に上がらず、良いポジションでボールをもらいながら確実に決めることが出来ません。ただしチームとしては外練習の効果もあり「走るバスケ」の形は出来つつあります。

リードしたところで、佐山がベンチに下がったシチュエーションでの試合をしました。するとポイントガードは川嶋が担当することになるのですが、積極的にチームをリードすることが出来ず苦戦します。

ピントのずれた高久に悩めるガード川嶋でチームは混沌としますが、1月のW光中戦や春季大会のH野一中戦ではこの「佐山不在」の時間でやられてしまいました。何度も同じパターンで失敗するのは成長したとはいえません。混沌していても、チームとしては課題を克服することに全力を傾けるだけです。

この様に午前は悩む時間もありましたが、午後はマンツーマンをベースにしてブレイクを中心にKMを突き放し完勝!

夕方になり、さあこれで今日は終了!と思ったところで会場校隣のM蔵野東が合流し、最後にもう1試合を行うことになりました。ビッグマンの多いM蔵野東に対し、こちらは途中で井原を怪我で欠きながらも競ることが出来ました。最後一点差で逃げられたのは残念でしたが良く戦いました。

これからも彼らがトレーニングを継続して、充分な食生活も付いて来れば男子はまだまだ強くなります。明日も頑張って欲しいと思います。

※個人名は変えてあります

|

« 曳家工事というらしい・・・ | トップページ | 練習試合女子0609 »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 曳家工事というらしい・・・ | トップページ | 練習試合女子0609 »