« 蚊取り線香 | トップページ | 事件発覚… »

2007年6月13日

練習試合女子0610

疲労や怪我人で苦戦した男子チーム。これは女子についても同様なことでした。幸い井原の様な病院送りはいませんが、ガードの高田は大腿部及び右目近くでの打撲の状態で、見るからに痛々しく、やる気満々という状態ではありませんでした。

しかし状態が悪いのは我がチームだけでなく、ライバル校のS光寺も状態は悪い様です。うちとの対戦の前にH野三と試合をしていましたが、ゾーンディフェンスを上手く攻略出来ず、攻めてはいるのですが得点に結びつきません。結局スコア的にはワンサイドゲームで終了し、我がチームとの対戦となりました。

S光寺には高速ドリブルを武器とするガードがいて、彼女には前田がマッチアップします。この二人はミニ時代のチームメイトであり、当時はスタートが前田、リザーブが彼女という関係。試合だけではなく、ポジションでの勝負もお互い負けられない試合でした。

さて試合は課題のセットオフェンスを愛川が決めて我がチームがリードするのですが、疲労の為か繋ぎのパスやシュートが雑になり後半から乱れ始めます。そして表情の冴えないセンター江見に代わり下級生海野を投入。期待通りにカットやリバウンドに活躍するが、ゴール下の決定率が低くチームに勢いを与えられません。

S光寺にはそれでも勝利しましたが、次のH野三では高田が痛みと疲労からかドライブを外したり、マークマンを捕まえ切れずフラフラしたりと戦えない表情になります。3年センター陣もまた元のレスポンスの無い状態になり、他メンバーも「生き生き」とは言えない以前の顔に戻ってしまいました。

昨日の練習試合は嘘のような…まるでメッキが剥がれた様な状態となりこちらも考えてしまう状態です。何故こうなってしまうのでしょう…。

練習試合も最後の方はリザーブ試合になり、3年で初心者の為になかなか試合に出られない西山を使います。彼女以外には来年度のスタートで固めて試合をしました。

この西山は同級生でも把握しきれない個性の持ち主。武器は素早い一歩目の動きです。彼女のディフェンスやレイアップでベンチが盛り上がります。

そして2年のリザーブガード金田(初心者)も西山に負けじと連続得点と大活躍。とどめは海野のゴール下と女子リザーブチームの試合とは思えない怒涛の攻撃(8分流しで30点オーバーの得点!)で最終試合を終えました。

結果昨日に続いて全勝で終えることが出来た女子チーム。週末には運動会がある為に今週はまともな練習が出来ないかもしれませんが、更なるフィジカル強化の為に努力を惜しまず頑張って欲しいと思います。

※個人名は変えてあります。

|

« 蚊取り線香 | トップページ | 事件発覚… »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蚊取り線香 | トップページ | 事件発覚… »