« 新チームミーティング | トップページ | 07沖縄♪ ザ・ブセナテラス 施設編 »

2007年7月24日

07沖縄♪ザ・ブセナテラス

今回も宿泊したホテル ザ・ブセナテラス について、もう少し詳しく書いておきます。

ホテルまでの移動はレンタカーですが、一度空港から主要ホテルを経由するバス(芭蕉号)だったこともあります。(確か2千円くらいかな)
ホテルにどっぷり滞在を決めていれば、バスを使うのもいいと思います。
運転に気を使うことなく、お気楽です。特に体が楽です。
経由ホテルを眺めるのはそれなりに面白いけど、停まるホテルとしては最後です。

レンタカーでロビー前に車をつけると、あとはバトラーサービスです。
車も荷物もベルの方が対応してくれます。
宿泊の旨と予約名を告げるとスムースに、チェックインの係りの方に伝わります。
食事やお茶だけで寄ったこともありますが、宿泊と同様に丁寧な対応をしてくれます。(この時は自分でパーキングへ移動したかな???)

そうそう、敷地内に入るところで、一旦守衛さんに車を停められます。
守衛所すぐ近く/ホテルロビーよりちょっと離れた所にも駐車場があって、一瞬ここに停めるの?と不安になりますが、宿泊・食事でもホテル前まで車で乗り付けることができます。
これは海水浴客を振り分けるためかしらん?

案内されるのは、開放的なロビー。
ソファに座るとすぐに冷たいおしぼりとシークワーサーの飲物が供されます。

お部屋はいくつか種類があるのですが、ガーデンビューというカテゴリーがあって、文字通りプライベートビーチとは反対の駐車場側です。
下の階だと緑の木々しか見えないのですが、上階にいくと名護市方面の海が見えます。

オーシャンビューの部屋はホテルのプール、プライベートビーチに面していて眺めは最高です。
浴室に室内窓があって海が眺められる部屋もあるし、バルコニーにでて夏季毎晩演奏されるサックスを聞きながらくつろぐのも良いでしょう。

部屋には、ルームウエア、ビーチガウン、ビーチバック等があります。
フリーサイズが置いてありますが、やや標準より大きめの兄貴は特大サイズをリクエストしています。
事前に連絡しておいてもいいし、ブセナテラス自慢のバトラーサービスが電話一本で対応してくれます。

ビーチガウン、ビーチバックは昨年から変わったようで、ワッフル生地の着心地良いガウン、生地のよくなったバックになっています。

アメニティは、以前はタルクやスクワランオイルもあったんですが、最近はなくなりました。
化粧品も化粧水のみで、洗顔料・乳液(資生堂製)がなくなり、ハーブソープが置いてありました。
香り良い入浴剤があるので、のんびりバスタブにつかるのもいいかもしれません。

ルームウエアやホテルオリジナルのアメニティはホテル2階のホテルセレクションショップやバニアンビレッジ内のインテリアショップで買うことができます。

Img_4688 以前はブセナロゴの衣類も多くでていたんですが、最近は少なくなってしまいました。
写真はミッキー&ミニーのTシャツとロゴ入りリバーシブル帽子です。

長くなったので、施設については続編で・・・

沖縄関連記事は ”あしあと@沖縄編

|

« 新チームミーティング | トップページ | 07沖縄♪ ザ・ブセナテラス 施設編 »

あしあと@沖縄♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新チームミーティング | トップページ | 07沖縄♪ ザ・ブセナテラス 施設編 »