« ♪江の島タコせんべい | トップページ | 逃げる場所は!? »

2007年7月14日

今期の反省…

今年は例年以上にチーム強化を図ってきたつもりだったが、最後の最後に男女怪我や体調不良による調整不足で自分達が望む結果を出すことが出来ませんでした。「心技体」の育成は本当に難しいものですね。

今年の男子は「ひねくれ者」が多い中で良く頑張ったと思います。でもあれ以上成長するには謙虚な気持ちを持って、自分で冷静に考え・判断出来る頭と、他チームメイトを信じたり思いやる心が必要だったでしょう。

一方女子はミニ出身が多く下級生の頃からスタメンを務めていたにも関わらず、目の前の具体的課題を自分の意志で乗り越えることが出来ませんでした。

また物事の理解も表面的な理解だけで動くことが多く、結局何の為のプレイか理解出来て無かったのかもしれません。なまじプレイ出来ることが他からの意見やアドバイスを十分理解することの障害になっていたのでしょうか…?

さて、夏季選手権で優勝したチームは共通したポイントがありました。それはガードが中心となって「走るバスケット」を展開し、確実に2点を取れた点にあります。

男子の佐山は努力の結果スピードある1対1で得点出来る様になりましたが、体調不良の時にはパスや指示を出しながらFWをコントロール出来れば尚良かったでしょう。

そして女子の高田・前田・橋口の三人については技術と経験はあったがここ一番で勝負弱く、最後までスピードあるドライブを決めることが出来ませんでした。スリーが上手なだけにこれに頼らず、ドライブの決定力があれば、チームはもっと違った結果になっていたかもしれません。

更に女子の敗退には思わぬ失点がありました。これは日頃から行い理解しているはずの「速攻止め」のシステムが出来なかったことが原因です。勝負処でのワンパス速攻による失点が敗北につながりました。

今回の男女反省点を次の新チームに必ず生かし、男女更に上のレベルに行くことを今は考え、夏の練習を行いたいと思います。

※個人名は変えてあります

|

« ♪江の島タコせんべい | トップページ | 逃げる場所は!? »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ♪江の島タコせんべい | トップページ | 逃げる場所は!? »