« 平塚七夕 | トップページ | ♪Fossetta »

2007年7月 8日

☆ドアハンドル・ドアノブ(室外ドア)

ドアハンドルをご紹介します。
室外ドアから

Img_4539 玄関ドアにつけた錠付きハンドルは堀商店のもの。

取り付けた時から風格をもっていて、どっしり感がなんともいえません。
ハンドルも握り易く、ドアの開閉もし易いです。

Img_4529室内側のサムターンもハンドルとマッチしていて良い感じです。

当初ワンロックが気になりましたが、鍵穴・サムターンをみると玄関ドアからの侵入は難しそうです。

雰囲気に合った、室内にチェーン、外にはダミーロックでもつけようかな・・・と思っています。

話が逸れますが、我が家は見た目を重視して、ドアクローザー(ドア上部についているもの)をつけていません。
なので、外のハンドルから中のハンドルに(またその逆も)持ち替える際、一瞬ですがドアを手で押さえることが多く、ハンドル付近に手垢がつきやすいです。

Img_4528 パティオドアは米Emtek社のドアノブです。。

白のドアに金色のハンドルタイプも選択肢だったんですが、それほど遠くない位置にある玄関ドアの雰囲気に合わせて、ブロンズ色にしました。

ここは、ロゼット(座)に拘ってしまいました。
普通の丸い座ではなく、ちょっと長楕円。

施錠は室内側からのみとして、室外側はカバーがついています。
ここもブロンズ色にしたかったけど、その選択がありませんでした。

2つハンドルがあるけど、片側だけハンドル機能(回転する)があって、片方はダミー(ハンドルが廻らない)です。
ダミー側を開ける時は上方・下方についたストッパーを外して、押し開けます。
これがちょっと面倒に感じて、今のところ片側のドアしか使っていません。

ちなみに値段はダミーでも同じでした。(約1万円)

過去の関連記事です。
☆ショールーム訪問~堀商店
☆ドアハンドル

|

« 平塚七夕 | トップページ | ♪Fossetta »

☆住んでみての独り言」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平塚七夕 | トップページ | ♪Fossetta »