« 夏季選手権男子3 回戦 | トップページ | ☆いよいよエアコン »

2007年7月 5日

戦い終えて…(男子)

イジイジ男子部と言われてスタートした彼等も、この1年間自ら掲げた目標に向かい最後まで成長を続けました。

夏季大会3回戦での試合はその日の最終戦で、試合終了後の応援席への挨拶が終わった後、3年生達はしばらくベンチに座り込みその場を動けませんでした。

選手各自色々な想いが駆け抜けたと思いますが、本当によく戦ったと思います。

私は帰宅後に生徒達に記録してもらった試合データをまとめ、改めて試合の分析と反省を行いました。

普段から彼等には試合の数字について分析する様に言ってましたが、今回のデータは中学生の接戦での数字としては両校共に高いレベルの数字を記録しており、我がチームの数字も私が彼等に言っていた「勝つチーム」の域に達していました。(ターンノーバーは少し多かったですが…)

佐山が体調不良でなく…なんて言っても仕方ありませんが、彼はそれでもゴールアベレージは60%を記録しており、最後まで素直ではありませんでしたが、全力を尽したのかなと思いました。

逆に恐るべしは対戦相手であるY師の数字で、チーム全体のシュート総アベレージが65%もあったのです。これは凄い数字で、都大会レベルといえどもなかなか出せる数字ではありません。

こちらはほぼベストの数字、相手は最高の数字。ベストを尽くして敗けたのなら「よく戦った!」としか言うことはありません。

3年生達、本当にお疲れ様でした!

さて、これでチームは次の代に切り替わることになりますが、2年生男子は「部員数」という技術以外の問題があります。ちゃんと練習に出てくる2年生は2・3人程度。他に数人いるのですが幽霊部員(生活指導部員)です。初心者ちびっこ1年生を巻き込みながら、また男子部は大変な1年となりそうです。

|

« 夏季選手権男子3 回戦 | トップページ | ☆いよいよエアコン »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

地底人様
コメント有難うございます。
今年の男子は頑張っただけの成果があっただけに無念です。
でも同じ練習をしている女子がまだ頑張っているので、何とか市の大会を抜けて、都大会進出したいと考えています。

投稿: 湘南兄貴 | 2007年7月 5日 17:51

お疲れ様でした。シュート成功率60%というのは大変な数字ですね。ここまで成長できたのもコーチの的確な指導があってのことでしょう。それぞれが次の目標を定めて、バスケで学んだ哲学を生かしていって欲しいです。
まだ女子の大会が残ってますね。一つでも多く勝っていただき、今しか体験することのできない貴重な時間を選手にプレゼントしてあげてください。

投稿: 地底人 | 2007年7月 5日 14:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏季選手権男子3 回戦 | トップページ | ☆いよいよエアコン »