« 個人目標作成 | トップページ | 卒業生の応援 »

2007年8月 2日

07沖縄♪ ザ・ブセナテラス 食事編

ザ・ブセナテラスでの食事の楽しみ方はいろいろあると思う。

気軽に食事ができるのが、La Tida (ラ・ティーダ)
ビュッフェ式でもアラカルトでもOKなので、ほんの少し食べたい時でも、ガツンと食べたい時でも大丈夫。
幼児連れでも可なので、ベビーカーのまま来ている若いカップルも多い。

以前は昼過ぎにテラス席でビールを飲みながらのんびりランチがかなり気に入っていました。
最近は陽射しが気になるので、窓側席に陣取ることが多いかな。
ビーチガウンでの入場も大丈夫だったはずです。

Img_4671 和食の真南風はおちついた雰囲気が好きです。
今回は朝食をいただきました。

ホテルの朝食の選択は、ラ・ティーダかファヌアン(昨年記事)かここ真南風。
ラ・ティーダはビュッフェなので、私達は落着いて食べたいから、こちらかファヌアンを使います。
沖縄食材をさりげなく使っていますが、押し付けがましくなく、ヘルシーな朝食です。

夜は寿司カウンターもあり(私は地の魚の色にはちょっと引いてしまうのですが・・・)ます。
敢えていえば、気軽な1品料理(ソーキそば)とかあればもっと使いやすいと思いますが、ちょっと予算高めです。

夜しかオープンしないレストランは 鉄板焼きの龍潭
目の前で調理してもらう食事スタイルです。
お肉はもちろん、海の食材もどれもおいしそうで、コース料理でもアラカルトでも良いと思う。
ちょっと贅沢したい時向き。

子連れで入っていく姿も見られましたが、割と遅い時間帯に混んでいるのは、やはり大人同士でゆっくり食べたいというニーズがあるからかな・・

ホテル敷地内には シーフードのランブルフィッシュ(昨年記事)、イタリアンChula・la と中華 琉球菜苑 もあります。
ホテル内のレストランよりややカジュアルな感じで、眺めもちょっと変わるので、それも楽しいかもしれません。
帰りはビーチに沿ってそぞろ歩きがおすすめです。

Img_4674ホテル内には吹き抜けのカフェ マロードがあります。
天井のファンがのんびり廻り、アイボリーかかった白を基調にしたインテリアはコロニアル風。
チェックアウト前の一時を過ごすことが多いです。

素適なレストランが多いけど、ザ・ブセナテラスの特徴であるバトラーサービスに連絡してルームサービスで食事というのも悪くないと思う。
客室には十分な応接スペースがあるし、バルコニーも決して狭くない。
日中遊びすぎて・・・とか、朝寝坊しちゃった・・・とか、昼寝をしたらもうこのまま部屋でまったりしたい・・・とか、疲れてちょっと食欲ないな・・・とか、そんな日はルームサービスを頼んじゃいます。
メニューも豊富だし、レストランにはないソーキそばやおにぎりなんてあるのもうれしい。
食器・リネン類もシルバー&布ナプキンで、これはこれでリッチ感を食事を楽しめますよ!

このほかの今年の沖縄関連記事は あしあと@沖縄編 にあります。 

昨年の沖縄記事です。
'06 沖縄♪NEW HOTEL
'06 沖縄♪おいしいもの ①
'06 沖縄♪おいしいもの ②
'06 沖縄♪調査隊

|

« 個人目標作成 | トップページ | 卒業生の応援 »

あしあと@沖縄♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 個人目標作成 | トップページ | 卒業生の応援 »