« 週末練習0908 | トップページ | 葡萄を求めて勝沼へ »

2007年9月10日

大学リーグ戦2週目

大学リーグ戦における2週目の相手ははJ天堂大(以下JTD)です。

このチーム、今でこそ3部Aにおりますが、私が現役の頃は1部で戦っておりました。どこの大学も継続したリクルーティングは難しいのですね。

さて先週JTDをスカウティングしていた時に感じたのは、細かなミスプレイが多く、フリースローを外すチームだなぁ…と感じました。

先週のK士舘と比べると大型選手は少なく、我がチームとしては戦い易い相手です。

試合が始まるとまずはJTDのセンターがゴール下を押し込み、その後はお互いスリーポイントの打ち合いになります。

全体的に接触の多い試合でしたが、我がチームはインサイドでのファールを繰り返し、JTDに不要なフリースローを与えてしまいます。

前半こちらの動きは悪くないのですが、ファールとフリースローに泣かされ、ロースコアで前半を終えます。

先週のK士舘戦と異なり、力で押されている訳ではありません。勝負処でのターンノーバーとチームファール数によるフリースローが痛かった。

後半もミスの無い時間では差を詰めて、このまま追い付けるか?というところ迄行きますが、やはりターンノーバーにより自滅してしまいます。

結局このままJTDとの初戦を落としてしまい、更には翌日の2戦目も連敗。現在0勝4敗と厳しい状況です。

早く気持ちを切り替えないといけませんが、来週はチーム力があり、ハイスコアな展開をするK沢大が相手です。選手達にはミスを恐れず繰り返さず、積極的なプレイで戦って欲しいです。

|

« 週末練習0908 | トップページ | 葡萄を求めて勝沼へ »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 週末練習0908 | トップページ | 葡萄を求めて勝沼へ »