« 練習試合男子0929 | トップページ | ☆電球を長持ちさせる! »

2007年10月 1日

練習試合女子0929

男子に続き女子も練習試合を行いました。女子はM田一中のみの対戦です。女子も男子同様に8-2-8(分)で1周し(女子は2本行った)、このあとは8分ゲーム2本を行った。

我が女子チームは本年度M田一中との対戦はありませんが、8月に我が1年男子が対戦し、スピードある展開で突き放されたのを覚えています。2年女子は1年前の新人戦で圧勝した記憶があるので、きっと簡単に「勝てる」と思い込んでいたと思います。

試合はマンツーマンとゾーンのチェンジングから入りましたが、マンツーマンの時に森山や中田が簡単に自分のマークマンに抜かれてしまい先行されます。

この展開は予想していたのですが、問題は相手にやられた後の工夫が彼女らに無いということです。

また期待の桜木と海野は、自分の得意なシチュエーションでは強いのですが、それ以外は脆くも崩れてしまいます。能力があるとはいえ、中学からバスケを始めた選手です。あまり過度の期待はNGなんですね。

激しく当たってくるM田一中女子チーム。あまりの激しさにファールの山を築き、ハーフゲームなのに5ファール退場者が二人出ました。敵ながら、これでは荒過ぎです。

一本目は後半(2ピリ)に我がチームが練習中のプレスから速攻を出すことが出来、気が付けばダブルスコアで勝利する。

しかし二本目はこちらのシュートミスで点が入りません。選手達が頑張っていないとは思いませんが、同じミスを何度も繰り返すのは賢くありません。結局二本目は接戦の末に負けてしまいました。

最後の8分2本のうち、1本目はスタートメンバーでマンツーマン強化を課題として戦い、2本目はリザーブの試合に設定しました。殆んどが1年のリザーブチーム。来期のスタメン達です。

唯一2年でフォワードの小山がリザーブ戦に出場。彼女も初心者ながら1年間頑張って来ました。極めて運動能力が高い訳ではありませんが、今期はドライブやスリーポストに挑戦する姿を見せます。

しかしながら相手をM田一中はスタメンで、1年主体のリザーブチームでは素早いドライブを止めることが出来ません。結局最後のリザーブ戦では敗れましたが、1年の中でも何人かは新人戦で使える見込みがついたのが収穫と言えます。

選手達は10月に入ると中間試験が始まります。しばらく試験勉強が中心の生活になりますが、今回得たものを普段の練習に生かし、日々成長してもらいたいと思います。

※個人名は変えてあります

|

« 練習試合男子0929 | トップページ | ☆電球を長持ちさせる! »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 練習試合男子0929 | トップページ | ☆電球を長持ちさせる! »