« 新人戦女子2回戦 | トップページ | ♪近為のお茶漬け »

2007年10月23日

粘りの男子2 回戦!

女子に続いて男子も2回戦を迎えました。対戦相手はW光中です。

W光中とは8月の夏季大会における予選リーグで対戦しましたが、この時はこちらのバイオレーションやミスプレイにより全くバスケットにならず、後半に突き放されて敗れました。

このW光中はかなりの大型チームで、2枚センターが確実にゴール下を決めてきます。我々は前回よりも成長したと思いますが、これは相手も同じこと。スタートは磯貝・田端・上田・渡・川越でマンツーマンから入りました。

試合が始まるとこちらはエース上田にボールが集まりますが、先週スカウティングに来ていたW光中は上田に対してタイトなディフェンスから簡単にプレイさせません。

そうこうしているうちにW光中センターのゴール下が決まり始めまずい雰囲気になりそうでしたが、こちらもC川越が絶好調で、立て続けにゴールを入れ返します。

しかしエース上田が勝負出来ないと当然チームの得点が止まり、徐々に点差が離れて行きます。このままナイスシュートが無いまま1ピリが終るのか…と思ったところで、ガードの田端がブザービートを決め、良い雰囲気で1ピリを終わることが出来ました。

8‐12と4点ビハインドで始まった第2ピリオド。立ち上がりこそW光中センター陣に攻め込まれましたが、ここからディフェンスのチェンジングが機能しました。特にスリークォーターからの2‐1‐2から1‐3‐1ゾーンがW光中ガード陣を混乱させミスプレイを呼び、更にはパスカットからのブレイクで一気にひっくり返し、前半を24‐20とリードして終えることが出来ました。

しかし3ピリは我慢の時間が続きます。相変わらず上田には厳しいマークが付き、思う様にボールを受けることが出来ません。途中上田の提案で、彼と北沢(4番)のポジションを替えて、上田がポストアップしてインサイドを攻め始める。

これにより上田にボールが入ることによって一見上手くいっている様にも見えましたが、普段と違うポジションの為に北沢が何をしたら良いか分からずオロオロし始め、結局オフェンスのバランスが崩れてしまいました。だが負けたくない田端が3ピリでもブザービートを決め、良い雰囲気を維持しながら4点リードで最終4ピリを迎えることになった。

みんな勝つつもりでこの試合に臨んだ訳ですが、ここまで接戦をしたことの無い我がチーム。大分体力を消耗してしまいました。前半頑張っていた川越もボールに付いて行くのが精一杯でシュートに絡めません。

4ピリでは渡がいきなりゴール下を決めたが、これ以降チームの得点はピタッと止まってしまいました。更にはガードの磯貝が脚の痙攣を起こしてしまい、途中ベンチに下げなくてはいけない状態と大ピンチです。

そして残り2分を切ったところで、ついに逆転のシュートを決められてしまい、改めてタイムアウトを請求してもう1度やるべき内容の確認をして最後まで粘って付いて行くことを指示しました。

得点差はまだ1点差です。上田が攻めてはファールをもらいフリースローをもらいます。だがこれが1本も入りません。W光中は交代で入ってきたFWが連続シュートを決めて盛り上がります。

まだ時間がある…!少ない時間ですがカットからの速攻を試みるがリングに嫌われて入りません。そして試合終了のブザーが鳴り、最終スコア39-34と5点差で惜しくも2回戦で敗退となりました。

試合終了の挨拶を済ませ、通常ならば速やかにベンチを空けるはずのに、まだ試合に出たメンバーがベンチに座っています。どうしたんだ?と良く見てみると、敗退に肩を落としているのではなく、接戦で勝つことが出来ず「悔しがって」いたのです。

初心者で背の低いメンバーで構成された弱小チームだと思っていたのに、彼らはこの数ヶ月で多くのことを学び随分と成長したんだなぁと感心しました。ミーティングが終わってから磯貝から「負けたのは悔しいが、とても楽しい試合だった」とコメントがありました。

このチームはまだまだ強くなれると期待させてくれた2回戦でした。

※個人名は変えてあります。

|

« 新人戦女子2回戦 | トップページ | ♪近為のお茶漬け »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

地底人様、コメント有り難うございます。
新人戦からこれ程の悔しさを表現したメンバーは久しぶりで、このパワーが今後の成長に欠かせないものだと思っています。しかし今回は体力がまだ足りませんでした。そして疲れた中でも考えられる頭も必要だと思っています。彼らがもっと戦える様に、私も工夫したいと思います。

投稿: 湘南兄貴 | 2007年10月23日 23:30

惜しかったですね。この悔しい思いをバネに練習に打ち込むことでさらにレベルアップできることでしょう。勝った試合より、負けた試合の方が得るものが大きいように思います。お互い頑張りましょう。

投稿: 地底人 | 2007年10月23日 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新人戦女子2回戦 | トップページ | ♪近為のお茶漬け »