« 週末練習1006 | トップページ | 厳しい一敗… »

2007年10月 8日

読書の秋

気づいたら、空の高さ、陽射し、風の香りや冷たさがすっかり秋らしくなっていますね。

秋と言えば…食欲の秋はもちろん(笑)ですが、読書の秋はいかがでしょうか?

我が家で夢中になった、中高校生を主人公とした スポーツ小説 3冊をご紹介します。

1冊目は あさのあつこ 著 ”バッテリー” (全6巻)

今春 映画化されたので、そちらでご存知の方もいらっしゃるでしょう。

ストーリーは、中学生離れした速球を持つ天才ピッチャー 巧(主人公)と キャチャー豪とを中心としたストーリー。
二人の運命的な出会い、
野球がすべてで、常にストイックな巧と野球部顧問/先輩/仲間との軋轢、
野球以外では全く不器用な巧は家族や豪と仲間達に見守られて成長していく過程が描かれています。
天使の様な巧の弟との交流や 天才スラッガーとの対決もあり、登場人物がとても魅力的です。

2冊目は 森 絵都 著 ”DIVE!! " (単行本 全2巻) 

DIVE!!〈下〉 (角川文庫)

ストーリーは 飛込み競技に魅せられた 中学生 知季 が、その才能を見いだしてくれたコーチ、生まれついての天才 飛沫、努力家 要一 とともに 切磋琢磨し成長していく過程が描かれています。
マイナースポーツ 故の 大人の事情に巻き込まれながらも、スランプ、大会前のプレッシャーを乗り越え、ライバルから受ける刺激をバネに成長する姿に思わず応援してしまいます。

3冊目は 佐藤多佳子 著 一瞬の風になれ (全3巻)
一瞬の風になれ 第二部
一瞬の風になれ 第三部 -ドン-

主人公 新二の兄貴は、幼少から天才といわれ名門校を経てJリーガーに、親友 連 は 完全なフォームで走る天才スプリンター。
新二 は高校ではサッカー部ではなく連と一緒に陸上部に入り、走ることへの魅力に取り憑かれる。
特にバトンパスが全てを左右する100m x 4 のリレーでチームとしての陸上競技の面白さにはまる。
入部当時まったく歯がたたなかったライバル校、そして親友 連にも追いつく を目標に 奮闘する新二。
陸上初心者 新二 からみた 陸上競技の奥の深さ、難しさ、魅力がストレートに伝わり、自分も思わず走りたくなってしまう。

いずれも、私はスポーツ小説と思いますが、主人公を中心とした中高校生の青春・成長物語の比重も大きく、実際競技をやっている方達からみると競技そのものの描写が少ないと思われるかもしれません。

しかし、スポーツを中心にストーリーが展開し、スポーツに真摯に打ち込む姿、友情を育みながらも競争し合い成長する姿、壁に直面し悩む姿など、スポーツ好きには 小説の中の世界に 思わずどっぷり浸かってしまう面白さがあります。

1巻のページを開いたら、最終巻の最後のページまで一気読みしてしてしまうこと、まちがいない 3冊です!
おすすめ!


|

« 週末練習1006 | トップページ | 厳しい一敗… »

#スポーツ観戦席での独り言」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 週末練習1006 | トップページ | 厳しい一敗… »