« ☆洗濯機の置き加減 | トップページ | 練習試合1014 »

2007年10月17日

♯箱根予選会~インカレポイント

今週末の20日(土)はいよいよ 箱根駅伝の予選会です。

場所は 立川駐屯所から昭和記念公園、8時半  スタート。
早起きの苦手な私はTV前で観戦する予定です。 (G+で8:15から中継放送の予定)

予選会は今年1月の駅伝で10位以内に入れなかった大学が出場枠9校入りを目指して走ります。
本番の距離や駅伝方式ではなく、20kmを一斉に走り各校上位10名の合計タイムで競います。

ここで注意が必要なのは、予選会上位6位までは合計タイムのみで順位がつけられますが、7位以下にはインカレポイントが反映されること。

インカレポイントは関東インカレの成績をポイント化後秒数換算し、その分が合計タイムから減算されます。
インカレでの好成績やエントリー数が多いチームはポイントが多くなります。

昨年の予選会では、インカレポイントを3分50秒ももった国士館大が当日のレースタイムでは7位にいた拓大を逆転し、1秒差で最後の出場枠を手に入れました。(国士舘のレースタイムは10位)
国士舘大の監督の ”陸上部全員で手に入れた出場権です”とのコメントが、インカレポイント制を語っています。

この制度は、79回大会(02年)に出場校が15校から19校に増枠された時に設けられました。
駅伝だけでなく、トラック&フィールドにも力を入れなさいとの関東学連からのメッセージのようです。
実際、関東インカレでは各大学とも出場者数を増やす努力がみられるという。

ポイント計算方法の詳細はこちらへ (今回制度の見直しがありました)

今予選会で高いポイントをもつのは
筑波大 3分35秒
国士舘 3分25秒
法大 3分20秒 などである一方、
箱根経験のある大学でポイントの少ないのは、
中央学院 20秒
拓大20秒 
神奈川大 50秒 等  です。

例え有力校/箱根常連校であっても7位以下の成績の場合、インカレポイントに救われたり、見放されたり。

これまで5回の予選会では3回インカレポイントでの逆転がありました。
(全て拓大が出場権を逃す結果となったのは痛々しい)
有利になる大学、不利になる大学と、この制度への賛否様々のようです。

今年もなんらかの波乱が起きるのでしょうか。

箱根駅伝まであと 77日

箱根駅伝関連の過去記事は カテゴリー 「♭♯箱根駅伝♯♪』 を見てくださいね。

|

« ☆洗濯機の置き加減 | トップページ | 練習試合1014 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ☆洗濯機の置き加減 | トップページ | 練習試合1014 »