« 新人戦の反省と課題 | トップページ | 4年生お疲れ様でした! »

2007年11月 4日

♯07全日本大学駅伝

本命 東海大といわれた今大会ですが、蓋をあければ1区から駒大ペースでのレース展開で、見事 駒大 3度目の2連覇でした。

とにかく 1区 3位豊後(4年)の走りが素晴しかった!
スピードランナー 日大 ダニエルに最後まで付いて行ったのが大きかった。
3区からトップに立った駒大は、その後首位を譲ることなく常に1分以上の差をキープしてゴールテープを切りました。
大砲(スーパーエース)不在といわれ、さらにキャプテン安西の欠場にもかかわらず、攻めのレース展開。
大八木監督の構想とおりだったようで、久しぶりににこやかな監督の表情でしたね。

昨年は 全日本で優勝したものの、箱根では調整不足でまさかの7位。
今回は 同じ轍を踏まないでしょう。

優勝候補の東海大は 2区 エース佐藤の調子が今ひとつだったのでしょうか。。。
なかなか波にのれず、6区前川、8区伊達の奮闘あっても 4位で意地をみせるのがやっとという感じでした。
今期トラックで不調が伝えられた佐藤、出雲では復調の兆しがみられたと思っていましたが。。。。

個人的には今回の箱根で 東海大に初優勝をしてもらいたい。
これからの2ヶ月、佐藤の復調とともに、全選手のさらなる底上げを多いに期待したい。

先日記事にした 四天王達は、やはりやってくれました。
順大 松岡 2区 2位 (チーム 6位から2位へ)
中大 上野 4区 1位 (同 9位から2位へ)
日体大 北村 8区 2位 (同 4位から2位へ)
東海大 伊達 8区 4位 (同 5位から4位へ)

首位駒大には悪いけど、TV中継が四天王の走りにカメラを合わせるのが当然のようなオーラをもった走りでした。
箱根も楽しみですね。

順大は松岡の走りを維持出来ず残念な結果となりましたが、中大は上野の貯金を良く守り、日体大は伸び盛り1年生の活躍が光りました。

最終8区では、山梨学院大学 モグス が驚異的な走りで 4分以上の差を逆転してシード権を死守。
モグスの走りは、途中崩れることなく、本当に天晴れでしたが、駅伝チーム力としては首を傾げざるを得ないものでした。

順大 松岡、日大 ダニエル(1区)、早大 竹澤(2区)、大東大 佐々木(8区)等の走りを総合順位に活かせなかった大学は箱根までどのように調整してくるのでしょうか。。。
それはそれで楽しみです。

箱根まで あと  59日

|

« 新人戦の反省と課題 | トップページ | 4年生お疲れ様でした! »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新人戦の反省と課題 | トップページ | 4年生お疲れ様でした! »