« 我慢出来ず!! | トップページ | イトシアと有楽町 »

2007年11月 1日

♯四天王

今度の日曜日(11/4)は、箱根駅伝のもうひとつ前哨戦 全日本大学駅伝です。(ちなみにもうひとつは 出雲駅伝

全日本ですから、箱根参加校の関東のみならず、全国から地区予選を突破した大学がしのぎを削ります。
テレビ朝日の駅伝サイトに予選会の様子がムービーであって、これも興味深いです。
九州の第一工業大や関西 立命大、地元 東海の愛知工大、四日市大などの健闘が期待されます。

でも、やっぱり一番気になるのは、箱根出場校の走りです。
全日本は全8区、短い区間は9.5km、最終8区が最長で19.7km
全区間が20km前後の箱根駅伝に比べると、スピードランナーの走りも重要な大会です。

今年の大学駅伝では ”四天王”と呼ばれる4人の活躍が多いに期待できます。

順天大 松岡選手、
東海大 伊達選手、
日体大 北村選手、
中央大 上野選手

いずれも、今年4年生で最後の箱根となります。

この4人は、入学時から、いえもっといえば高校時代から注目されていた選手達で、1年から当然のように箱根路を走っています。(以下敬称略, 左から 1年、2年、3年の箱根区間と順位)
松岡  2区 11位、 2区 14位、  3区 4位
伊達  2区 2位、   5区 18位、  2区 2位
北村  5区 4位、   5区 5位、    5区 4位
上野  1区 19位、 3区 3位、    3区 1位

もちろん、華のある結果ばかりではありません。
1年1区で19位に沈んだ 上野の箱根デビュー、2年時は高校の後輩 佐藤(東海)に区間賞を穫られてしまう屈辱

3年間 山登り5区を走り、順天 今井に追いつけなかった北村

1年の2区2位から一転、2年では体調不良で18位とブレーキになった伊達

故障との付き合いで、良い結果がなかなか出せなかった松岡

それでも、3年時では相応の結果を出し、今年は 松岡/北村が主将を任される等文字通り チームの要となっています。

いつの頃からか この4人を ”四天王”と 呼ぶ様になり、最近の駅伝関連記事でこの言葉を見ることも多い。
それだけ注目の4人なのでしょう。

彼らも ライバルの頑張りに奮起してさらに一段上を目指す と、お互いの存在によって切磋琢磨してきました。
今期の記録も順調のようです。

そして、 ”最後の”・・・という 気持ちが どのような走りをみせてくれるか、とても楽しみです。

4人が エース区間の2区で激突 ! なんてことになったら、すごいことです。
特に北村の2区に多いに期待しています。 

全日本駅伝でも 4人は 走ります。

箱根まで あと  62日

(追記) テレビ朝日の全日本大学駅伝HP内の 伊勢路へのみち コーナーでも ”四天王”の紹介があります。(11・2)

|

« 我慢出来ず!! | トップページ | イトシアと有楽町 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 我慢出来ず!! | トップページ | イトシアと有楽町 »