« 秋季大会・順位決定戦 | トップページ | ☆塗装屋さんに感謝 »

2007年11月22日

☆アイアン手摺の塗装

Img_4985少し前から気になっていたのですが、玄関アプローチのアイアン手摺。
ねじれ の部分を中心に錆がポツポツの点状にあるのです。

Img_4900当初は”参ったナァ・・・”と思いつつも、我が家の塗装を担当してくださったのが岡山の塗装屋さん。
このためにワザワザ呼ぶのもねぇ・・・とタメッラっているうちに、上部の手摺との接合点近辺にも散見されるようになってきてしまいました。

錆が酷くなってしまうと、素人では手に負えないので、またまたヘルプの連絡をしてしまいました。

次回近くにきた時に、ということで半月ほど待って、今朝作業をしてもらいました。
(さすがプロ、左写真は養生の参考にパチリ)

湘南地域とはいえ、我が家は決して海に近いわけではないのですが、それでも”塩の影響かもしれませんね”
と言われてしまいました。

Img_4979確かにすぐ近くのデッキ上のブラケットもかなり錆がでています。(左写真。実はここが一番酷かった)

でも、同じ南面なのに、アプローチ階段横の花台や2階バルコニーのアイアンは全く錆がでていません。

同じ工程を得てきても、錆止めひとつとっても仕上がりにムラがでることはあります。とのことでした。
ここが(工場での生産品でなく)手作業でやっていただくリスクなのかも。

いずれにせよ、塩に強い錆止めをたっぷり塗ってもらいました。
明日この上に今までの黒色に塗装です。

気持ち良く対応してくれるので、不満はありませんが、冬を越せば引渡しから1年。
段々施主の責任で対応していかなくてはなりませんよね。
”不具合でるなら早くでろォ~” て気持ちです。

Img_4977もうひとつの心配事、なんと玄関ドア(木製)に反りがでてきてしまいました。
右写真のとおり、やや薄暗い玄関内にひと筋の光が・・・という感じです。
きっと、ここから隙間風が入ってきていると思います。

わずかドアの下部20cm弱の部分だけ・・・というのが泣けてきます。
今こちらの対応もお願いしているところです。

|

« 秋季大会・順位決定戦 | トップページ | ☆塗装屋さんに感謝 »

☆住んでみての独り言」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋季大会・順位決定戦 | トップページ | ☆塗装屋さんに感謝 »