« ♪逗子の名店~Piccolo Vaso | トップページ | 主催者は大変だ! »

2007年11月17日

シャトージュンからの便り

勝沼にある シャトージュンから年末のギフトシーズンに向けた商品パンフとともに近況を伝える案内が届きました。

店主 仁林さんがワイン造りから販売まですべて一人で切り盛りするこのシャトー。
葡萄の収穫の季節はご多忙なのでしょう。時折覗く HPも未更新。。。
なので、お便りに懐かしく、近いうちに勝沼にいきたいなぁ・・という気持ちになってきました。

Img_4856 前回はお邪魔したのは10月上旬(すっかり記事にし忘れていました!(>x<)
この時は、丁度甲州の仕込み始めで、駐車場に次々と葡萄が運び込まれていましたっけ。

”これから暫くお忙しいですね。お暇な季節になったら、ワイナリー内をみせてもらいたいですね!”・・・なんてお気楽な発言をしたら

仁林さんたら ”お時間があるなら、今ご案内しますよ” という展開になってしまいました。

丁度 売店にいた 他のご家族グループと一緒に店舗裏手にあたる作業場所を案内してもらいました。

ご説明によると、一人で作業をされるので、設備は他のシャトーに比べると古かったり小さかったり・・・だそうです。
葡萄つぶを壊す機械や搾汁機械があります。

Img_4857 樽がならぶ部屋は、小規模とはいえやはりワイナリー。
ご説明を受けて、この樽にも 樽の膨らみ方や樽を締めるパーツの数/位置でボルドーとブルゴーニュがあるんだそうです。
(でもどちらがどっちかと不覚にも違いが思い出せない!)

樽の香りがワインにも影響するので、樽選びも大切なんだそうです。
そして5年も使うとその香りがなくなるのだとか。。。
樽の手配ひとつとっても大変そうです。

このあと、瓶詰めやラベル・キャップの貼りを得て出荷されるのですが、どれも手作業主体なんです・・・と明るくおっしゃる 仁林さん。
いやぁ~、大変そう。と思いながらワイナリーを後にしました。

仁林さんからのワイナリー便りによると、この時期のワイナリーは醗酵中の香りで溢れているとか。
タイミングがあえば、もろみワイン(果汁からワインに変わる過程のもの)に出会えるそうです。

18日には赤ワインのプレス作業に一般でも参加できるようですよ。
残念ながら、HPには記載されていません。
ご興味のある方は 0553-44-2501へ。

(えーーと、我が家の18日の予定はなんだっけ???)

|

« ♪逗子の名店~Piccolo Vaso | トップページ | 主催者は大変だ! »

あしあと@勝沼・山梨」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ♪逗子の名店~Piccolo Vaso | トップページ | 主催者は大変だ! »