« 謹賀新年! | トップページ | ♯途中棄権が3校!!! »

2008年1月 2日

♯まさか・・・まさか・・・!!

第84回箱根駅伝の往路は、失礼ながら 早稲田大学の”まさか”の往路優勝を始め ”まさか・・・” ”まさか!!!”の連続でした。

7時からテレビの前で、スタンバイしていた私達。
城西と帝京でエース(高橋と馬場)の”まさか”の当日エントリー変更に絶句してしまいました。
シード権獲得を目指す両校にとって、万全の布陣は必須なのに、予選会2位通過の原動力となったエースを欠くなんて・・・スタート前から波乱を感じずにはいられませんでした。

ところが、1区ではこのうち城西大 佐藤が区間賞、つまり1位で2区に襷をつなぐ快挙。
祈願のシード権獲得に大きな期待をもたせるスタートをきったのでした。

その後、各校のエースが集う2区は、前評判どおり外国人選手 モグス(山梨学院)とダニエル(日大)に次いで、四天王の東海大 伊達と日体大 北村らが順調に順位を上げていきました。

山梨学院は2区モグスのみ、あとの選手層は薄いとの前評判でしたが、その後も5区途中まで首位を守り、往路3位という、恐らく上田監督もびっくりではなかったかと思う成績でした。

優勝候補 駒沢がジリジリと首位との差を縮めていく中で、2区の木原の走りで3位に浮上した中央学院大(予選会組)も2位争いを続ける。
中大、東洋大、早大、東海大、日体大、日大と上位予想校の混戦のまま、どこが往路を制してもおかしくない面白いレース。

そして、4区で駒大 平野にくいついた 早大 1年中島の好走に応えるように、5区では早大主将の駒野がトップになり駒大をつきはなし12年ぶり往路優勝となった。

優勝は無理だけど、なにか話題を提供したいと言っていた 早大 渡辺監督。
竹澤加入で古豪復活を予感させていましたが、まさか、往路優勝とは・・・
早大ファンには ”うれしい まさか”でしたね。

もうひとつの”うれしいまさか”は 学連選抜チームの往路4位という活躍です。
例年 タイムの良い選手を集めながら、成績を残せず、”所詮 寄せ集めチーム・・・”と見られがちだった学連選抜。
今回は最強メンバーとの前評判どおり、10位以内の順位をキープし、4区 久野(拓大)の区間2位の走りに勢いづき、5区では福山(上武)が区間3位で走りました。
明日の活躍、そして来年母校での活躍を多いに期待したいものです。

しかし、往路最後の”まさか!!” は 昨年王者 順大の棄権でしょう。
1区関戸のまさかのブレーキで最下位後なかなか順位をあげられない順大は、昨年・1昨年と大逆転を演じた5区に準エース小野を投入。
期待に応えて小野は区間5位前後の走りで順位を着実に上げていましたが・・・・
なんと、ゴールまであと500mという場所で足が動かない状態に。
転んで足がふらついてまともに起き上がれないのに、走り続けようとする小野。
TVに映った3度目の転倒で、仲村監督より棄権が告げられました。

箱根はなにがあるかわからない・・・とはいいますが。。。

見ごたえのありすぎる今大会、往路の観戦(3区の沿道とTVですが)だけでも私達はクタクタです。
でも、明日も7時から応援します。

往路記録はこちらが便利です。

|

« 謹賀新年! | トップページ | ♯途中棄権が3校!!! »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 謹賀新年! | トップページ | ♯途中棄権が3校!!! »