« ♯途中棄権が3校!!! | トップページ | ♯4年生の明と暗 »

2008年1月 4日

♯箱根駅伝の課題か?

例年なら2日間の箱根駅伝をみて、選手のひたむきな走りに心を洗われ、あきらめない心の強さに感動し、”自分も微力ながら精一杯やれることをやろう!”と社会人としての新年をスタートするのだが、今年はどうもスッキリしない。

やはり数々のブレーキと3校途中棄権という今大会は、駒大、早大の復活、中央学院、学連選抜の躍進という明るいニュースをもっても、残念ながら 後味の悪い大会になってしまったような気がします。

あこがれの箱根で走りたい、チームの襷を少しでも前の順位で渡したい、と自分の体調を過信して無理をしてしまうのでしょうか。
近年の好天続きのコンディションも選手には過酷なレース条件になってしまっているのでしょうか。

襷を繋ぐために、ギリギリのところまで我慢や自分を追い込んで結果を求める姿に私達は魅せられてしまうのですが、これがアクシデントと紙一重なのは他の競技スポーツと同じでしょう。

ただ、フラフラになった選手に叱咤激励して走りつづけさせる監督の姿や、怪我した足を引き摺り、あるいはビッコし、涙ながら走る姿がTVに大きく写されると、辛いものが胸奥底から湧き上がってきます。
途中棄権となり、うなだれ、顔を覆う無念さを思うと言葉がでません。

大会終了後、大後駅伝委員長が、”箱根駅伝は(注目の大会として) 象徴化され選手の心的状態は尋常ではない。過保護にし過ぎてもいけないと思うが、 そういう精神面も指導していかなければ”とのコメントを出した。

昨日も記事にしましたが、3校途中棄権というのは初めてのことであり、通算11回の途中棄権のうち8回が95年(71回大会)以降という事実に、やはり 87年から始まった全区間TV放送による箱根駅伝熱の高まりが関係している気がして仕方がありません。

過酷な練習に加え、マスコミからの取材等、選手たちへの精神負担も尋常ではないのだろう。

ただ、箱根熱が選手をつぶすような方向になってはいけないと思う。

事前の取材合戦とレース予想によるプレッシャー、当日の沿道応援によるファンと選手との接触など、、、

大会主催者には給水の見直し、沿道応援の整理等競技環境の改善に努力してもらいたい。

そして、注目選手を始めとするマスコミの取材のあり方にも、、、
箱根ファンは選手が万全で箱根を走り、卒業し、その後の競技生活を続けていくことを第一の喜びとしていると思います。

|

« ♯途中棄権が3校!!! | トップページ | ♯4年生の明と暗 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ♯途中棄権が3校!!! | トップページ | ♯4年生の明と暗 »