« ♯日曜日は広島駅伝 | トップページ | 週末練習0119 »

2008年1月20日

☆抵当権抹消登記

我が家ではないのですが、親族にローン返済が終った者がいます。

担保にしていた家屋・土地の抵当権抹消の登記を司法書士に頼まず自分でやる・・・というので、参考までに私も同行させてもらいました。

以前私が家屋の滅失登記を行った時の本などを参考にして準備しました。

必要書類は銀行から受理していました。
ローン借入時の抵当権設定とは違って、抹消時は銀行もあまり煩いことは言わないみたいです。
自分で登記する旨伝えると書類を準備してくれたそうです。

そうして、家屋・土地が登記されている法務局に出向きました。

私は2回目なので、それほど緊張せずに相談窓口で話を伺いました。
(当事者でないことも気が楽なのかな???)

驚いたことに、以前は、用紙がB4というちょっと一般家庭では扱い辛いサイズだったのですがA4に変更となり、地番や面積をあらわす数字が漢数字(壱、弐、参)から普通の数字で良いことに変更されていました。

これなら家のパソコンで作成するにも、すごくとっかかり易いのでは。。。。

相談窓口で指示されたのは、用紙と書式のことだけでした。
添付書類も全部チェックしてもらえます。
修正して翌日には正式に登記申請となりました。

以前は口頭だけの指導だったんですが、今回は申請書の雛形のようなものも渡してくださり、不安なく申請書を作成することができました。

ほとんど立ち寄ることのない法務局で未知の登記申請・・・
でも、意外と簡単なので、興味のある人は自分でやってみるのも良いのでは?
但し、書類の準備や窓口に並ぶことなど、平日の時間に余裕のある方でないと難しいかな。

抵当権抹消登記の費用は1件1000円でした。
土地と家屋で計2,000円で済んだようです。(今回の必要書類は全て銀行から)

我が家が参考にした本はこちらです。

|

« ♯日曜日は広島駅伝 | トップページ | 週末練習0119 »

☆住んでみての独り言」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ♯日曜日は広島駅伝 | トップページ | 週末練習0119 »