« 銀行窓口での記帳なのに・・・ | トップページ | レンタル~一眼レフデジカメ »

2008年2月20日

週末練習0216

先週の敗退より毎日ビデオを見ながら多摩大会での反省練習を考えていました。

その中でトップスピードを育成する為の練習や、多くの選手達の利き腕ではないと思われる左腕を使った1対1の徹底など、まずは直ぐに実践出来ることを優先的に行うことにしました。

また2月も中旬に入りだすと高校進学が決まった3年生が練習に顔を出し始めます。女子では先週同様前田・高田が参加し、男子では井原と佐山が練習に参加しました。

井原と佐山は受験期間は全く運動をしていなかったらしく、少し動いただけでも顔が青白く苦しそうでしたが、久しぶりにコートでプレイ出来ることが大変嬉しそうでした。

さて今回はオフェンスから見て、左サイドを意識したオールコートの1対1を数多く行いました。練習の理由を始めに説明して行いましたが、ムキになると多くの者が右手ドリブルを使って右側サイドへプレイをしてしまいます。

そしてここでは動きながらディフェンスを良く見ること、中盤をスピードをもって突破すること、最後は必ずシュートに持ち込むことを目標として掲げました。

数を重ねていく度に選手達はこれまで行っていたドリブル練習やレイアップの練習の意味が分かり始めた様で、段々試合に近いリアルな物へと変わってきました。

スクリメージではこの1対1の実践をメインとしながら、ディフェンスは相手との距離を詰めたマンツーマンの練習を行います。

スクリメージでは3年の高田がその1対1での技術を後輩達に見せつけては、連続シュートを決めて中田や海野を刺激します。推薦で高校進学が決まった高田は既に高校の練習にも参加していたらしく体が良く動いていました。決して機動力がある選手ではありませんが、相手をよく見て攻撃する姿勢を後輩達には見習って欲しいと思います。

男子のスクリメージでは上田・川越・磯貝らが安定したプレイで先輩達から得点を奪って行きます。直ぐに熱くなる佐山はスピードある突破からのドライブを見せて突き放そうとします。そしてこれに対してマッチアップする上田が1対1で勝負して佐山からシュートを決めます。

公式戦では辛い時間が多かった男子チームでしたが、3年生の前で成長し姿を見せることが出来て良かったと思いますし、3年生達も安心したのではないかと思います。

来週は試験前の為に部活動は一旦活動中止となりますが、ここまでで得た物をベースとし、春季大会に向けて強化して行きたいと考えてます。

※個人名は変えてあります。

|

« 銀行窓口での記帳なのに・・・ | トップページ | レンタル~一眼レフデジカメ »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 銀行窓口での記帳なのに・・・ | トップページ | レンタル~一眼レフデジカメ »