« 多摩大会女子2回戦 | トップページ | ♪老李 (LAO-LI) »

2008年2月 6日

多摩大会女子3回戦

課題のシュート確率は今一つでしたが、勢いで初戦突破を果たした我がチーム。次は少人数ながらにかけ引きやテクニックを持つM鷹三中(以下M3)との対戦です。

前の試合でM3はオールコートプレスを使いながら勝利しました。一人一人のプレイもしっかりしており、雑なプレイの多い我がチームが苦手なタイプです。

試合は2回戦同様、森山・中田・海野・島津・桜木でスタートします。

立ち上がり、力の入る我がチームはスピードを持って攻めてはいるのですが相変わらずシュート決定率に欠け、ミスプレイからM3のドライブやスリーポイントをもらいます。

先週のチームならばこれでズルズルいってしまいましたが、今回はここから中田・海野が走って決めることが出来、試合の主導権を握ります。

だが1対1の上手いM3は入れられたら入れ返してきて粘りを見せ、前半は27:20と7リードを奪いましたが、粘るM3相手に後半も油断は出来ません。

3ピリに入るとM3がオールコートプレスで仕掛けて来ました。これは想定内のことでしたが、ハンドリングの悪い海野はぽろぽろとミスプレイを続けてしまい、突き放したいところを逆に同点へと追い付かれてしまいます。

しかし直後より森山のスリーポイントシュートが連続して当たり始め、更にはディフェンスのチェンジングが効果的に機能し、カットプレイから島津や桜木がゴール下をねじ込み差を広げ始めます。

新チームになってから期待はしていたが、なかなか見る事が出来なかった”勢いに乗ったプレイ”で3ピリに30点をM3より奪い、見事突き放すことに成功しました。

そして4ピリでもこの勢いは止まらず、中田・海野がカットプレイからそのまま中盤を突破し、だめ押しのシュートを決めます。こうして最終スコア81:36で我が女子チームは3回戦を見事突破し、来週の4回戦に駒を進めることが出来ました!

この3回戦はガード・フォワード陣の機動力と勝負処での積極性が生んだ勝利だと思う。アウェイでの快勝で選手達も大変嬉しそうだったが、この気持ちを忘れず次の試合でもアグレッシブに戦って欲しいと思います。

※個人名は変えてあります

|

« 多摩大会女子2回戦 | トップページ | ♪老李 (LAO-LI) »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 多摩大会女子2回戦 | トップページ | ♪老李 (LAO-LI) »