« 自転車で平塚ハーフ観戦 | トップページ | 銀行窓口での記帳なのに・・・ »

2008年2月18日

上位校の試合

前回も述べましたが、多摩大会の女子4回戦では「チャレンジャー」として戦う姿勢を見せることが出来良かったと思います。

さて、今回我々が戦った会場にはこのF中地区1位のF3とH王子地区2位で都ベスト4のKノ原、そして今年度H村山地区3位で昨年度多摩大会準優勝のH村山六が来ていました。

4回戦で敗退した我々がここで出来ることは、強豪校の戦い方を見学して自分達への反省や新しい発見をそこで見つけることです。

それにしても今年の新人戦都大会ベスト4にH王子地区のチームが3つ入ったという結果に、この地区のレベルの高さを感じます。でもそんな地区2位であるKノ原は決して大型チームでは無く、スピードとプレスを主体としたチームです。試合に出ているメンバーは視野が広く、合わせの練習も良く行っている様で流れる様に展開されます。

またH村山六は今季チームでは都大会には出場出来なかったもの、パッシングとスリーを主体に勝ち上がりました。個々の技術は先程のKノ原とあまり差がありません。

4回戦で我々に勝利したF3は続く5回戦でこのH村山六と対戦することになりました。

高さと起動力を持つF3はその能力を使い得点を奪いに行きます。一方H村山六は素早いパッシングからスリーポイントを捩込みお互い一歩も譲りません。

途中からF3はディフェンスを1‐2‐1‐1に変えます。しかし激しくダブルチームに行く訳では無く、流れを変える為と相手の素早いオフェンスを止める為と考えることが出来、これは試合後半にその効果が現れたと思います。

終始接戦だったこの対戦ですが、最終的にはF3が勝利してシード校の強さを証明しました。

コートサイドで見学していた我が女子チームの選手達。間近に見たシード校の強さを大いに学び、これからの練習に生かしてもらいたいものです。

|

« 自転車で平塚ハーフ観戦 | トップページ | 銀行窓口での記帳なのに・・・ »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自転車で平塚ハーフ観戦 | トップページ | 銀行窓口での記帳なのに・・・ »