« ついにガールがはまる! | トップページ | 上位校の試合 »

2008年2月18日

自転車で平塚ハーフ観戦

Dsc_6713 17日(日)に平塚で開催された 湘南ひらつかハーフマラソン を観に行ってきました。

今回で7回を数えるこの大会、平塚総合公園内の競技場をスタート・ゴールとして北(伊勢原)方面を周回するフラットなコースです。

この大会、第1回から一般の部の優勝者は歴代東海大の選手で占められています。
今年のエントリー選手が事前に分からなかったのですが、きっと優勝者は東海大!と勢い込んで応援にいってきました。

結果は今年箱根駅伝で6区を走った皆倉一馬選手が3連覇になる優勝。
タイムは1時間7分台でベスト63分台には遠いですが、2週続けてのハーフマラソンですからね。
卒業を控えて、恐らく最後の東海ユニフォーム姿を見れてよかったです。

Dsc_6825 おまけは、ゴールで皆倉選手を迎えたのが荒川選手でした。
彼は今年の箱根駅伝で10区残り2km地点で足の怪我で棄権となりました。
当初は捻挫と報道されましたが、靭帯断絶だったようです。
ジャージ姿の今日は今にも走り出しそうな元気な姿だったので、東海大ファンとしてはこちらもほっとしました。

二人とも実業団(皆倉選手は日清食品、荒川選手は旭化成)でさらに活躍して欲しいですね。

ハーフマラソンは文字通り、マラソンの半分の距離(約21Km)です。

ローカル大会なので観戦者も少ないだろうとスタート・ゴールを是非見るつもりでした。
スタートすると競技場に戻ってくるとのは約1時間後
せっかくだから、途中沿道でも声援を送ろうということに。

道路規制でゴールまでに戻ってこれないといけないので、私達はMTバイクを車に積んでバイクで移動することにしました。

久しぶりにバイクをルーフキャリアに載せると、これが思っていた以上に大変。
自転車はステージア時代にキャリアを購入して車に積むようになったのですが、エクストレイルはルーフが高いのが難点。
脚立を出しての奮闘です。
出掛ける前からすでに疲労・・・

そしてバイクに跨り、選手に先回りして応援ポイントに向かいます。
しかし、私のスピードが全く上がらない。
途中で兄貴より、”(走っている)選手に追いつかれるよ!”と厳しい檄を飛ばされる始末。(トホホ・・・)
ようやく身体がこなれてきたのは、競技場への戻りのコース

準備運動不足でした(涙)
ウォームアップの重要性を痛感した次第です。

観戦後、再び奮闘して自転車をキャリアに載せました。
この点新車では改善される見込みですが・・・それなりにイロイロ問題がありまして、兄貴の車関連記事をお楽しみに。

今晩は筋肉痛を戦いながらの睡眠となりそうです(^ヮ^)

|

« ついにガールがはまる! | トップページ | 上位校の試合 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ついにガールがはまる! | トップページ | 上位校の試合 »