« ♪ヘイフンテラス at ペニンシュラ | トップページ | ♪全衆徳 銀座店 »

2008年3月18日

練習試合0316

年度末であり学校行事も慌ただしい中、男女で春季大会に向けた練習試合を行ないました。

対戦相手(及び会場)は以前もお願いしたB京区のM台中で、今回はK区にあるI付中男女も加わり賑やかなものとなりました。

試合は午前に8‐2‐8分で各チーム一周し、午後は少し時間を短縮して7‐1‐7分でもう一周を行いました。

この日の我がチームの状況は、風邪が流行ってしまった関係で男女ゴホゴホ咳き込む者が目立ち、いかにも不調という感じです。

男子の試合ではエースフォワード上田がそのスピードを生かしたプレイとセンター川越のしっかりとしたゴール下のプレイで互角の立ち上がりを見せます。しかし勝負所での上田シュートセレクトのミスや、磯貝・畑山・川越のイージーシュートミスで競れるチャンスを逃します。

初めて対戦したI付中の男子は新人戦の都大会に出場しており、高さは平均して170センチ台半ば程度ですが個々のジャンプ力が優れていて、グリグリとゴール下シュートをねじ込んできます。

我が男子チームも平面では大分戦える様になりましたがミスが多く今ひとつの出来。勝つチャンスを逃さない為にも普段の練習からイージーミスを無くし、各局面における判断力をつけるしかありません。

一方女子は機動力を生かしたランニングバスケを展開して欲しかったのですが、風邪の影響かシャキッとしません。

特にセンター島津や桜木のイージーミスが多く、エース中田まで淡白なプレイを見せてチームは波に乗ることが出来ません。

午後の皆が少し疲れが見え始めた頃にフォワード海野のエンジンがかかり始め、その運動能力からインターセプトを連発してベンチを沸かせます。

最終的に女子は午後の試合で1年も含めて全員出場させながら、ほとんどの試合に勝利することが出来ました。特に最後の試合では期待のセンター間宮が勝ち越しとなるフリースローを決めるなど盛り上がった状態で練習試合を終了することが出来ました。

相変わらず走力と決定力に課題が残りましたが、男女リザーバーの成長を確認出来た練習試合でした。

※個人名は変えてあります。

|

« ♪ヘイフンテラス at ペニンシュラ | トップページ | ♪全衆徳 銀座店 »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ♪ヘイフンテラス at ペニンシュラ | トップページ | ♪全衆徳 銀座店 »