« 朝の散歩より | トップページ | 湘南は春なのに・・・と曽我梅林 »

2008年3月 3日

花の都公園

昨日河口湖を午前中に出発し、写真スポットを目指し、忍野・山中湖方面に移動。
カーナビのない代車の上、ガイドブックももたず、以前来たよね~♪という怪しげな記憶だけを頼りに気ままな旅行となりました。

山中湖近くで、兄貴がみつけた道路案内板 ”花の都公園
聞いたことはないのですが、花が沢山ありそうな予感。
花の写真も撮ってみよう!と早速進路を変更。

河口湖からは山中湖手前の道を曲がると・・・・そこにはなにもなくただたた広大な土地が。
若干の不安もありながら、案内標識にしたがい有料駐車場に。
そこからやや離れたところにある ”温室のような建物がそうだよね。”と向かいました。

ところが、すでにそこは公園の一部。
Img_5163今は残雪でなにもないのですが、背景に富士山をいただき、目の前、一面がお花畑になる無料の公園エリアでした。
写真は施設内で紹介されていたビデオの一部です。 
本当にこの時期は花がなくて残念でしたが、富士山が良くみえて、花の時期は本当にビデオのような風景が堪能できると思うと、足を運びたくなります。

HPにもチューリップ、ひまわり、コスモス、そばの花など季節季節の花畑からの写真がアップされています。

Img_5157 屋外に花のないこの時期は温室ドームでの鑑賞。
兄貴は早速カメラを構えて、花の接写に挑戦していました。

とれた写真はこちらです。↓↓↓Dsc_0087
Dsc_0084 写真のサイズは小さくしてありますので、ご興味のある方クリックしてみてください。
細部まで写すことができ、特に花好きでもなかった兄貴まで興奮状態♪
初めての挑戦にしてはなかなかの仕上がり。
プリントに出すのが楽しみになってきました。

花の観察以外に、水を使った散策エリアや子供が遊べる遊具のエリアもあります。
特に興味を惹かれたのが、溶岩樹型観察ゾーン。
富士山からの溶岩流が敷地内の樹木に流れ、樹木が朽ちたことによりできた空洞をみせてくれます。
なんとも不思議な空間でした。

この公園は山中湖村100%出資の山中湖観光振興公社が運営。
前述のドームは有料エリアですが、屋外公園エリアは無料。
とにかく敷地が広く、自然に溢れています。
有料エリアも4-10月大人500円、10-3月大人300円と手頃な値段のうえ、12月から3月15日は無料期間でした。
売店もありますが、商業利益優先というよりほのぼののんびりな雰囲気です。
お天気の良い日にお弁当持参でくれば、花好き・写真好きはもちろん子供も1日喜んで走り回りそうです。

花の季節に是非また訪れたい場所になりました。

|

« 朝の散歩より | トップページ | 湘南は春なのに・・・と曽我梅林 »

お出かけ後のふたり言」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝の散歩より | トップページ | 湘南は春なのに・・・と曽我梅林 »