« ☆塗装仕上げの腰板は節なしで | トップページ | 春季大会男子3回戦 »

2008年4月20日

週末練習0419

春季大会(男子)の途中ではありますが、土曜日は午前中に体育館練習をする時間を得ました。

今回の練習は先週の女子の試合を観て至急修正しないといけない部分をピックアップし、同じ練習をしている男子にも実践してもらいました。

体育館に入ると連勝によりテンションの高い男子と、初戦敗退でがっくりする女子との明暗が分かれていましたが、男女ともほぼ全員出席の今日の練習。今は少しでも前進する為に練習あるのみです。

今日の練習では先週の試合中に多く観られた「ヘルプサイドからの飛び込み」簡単にボールを持たれて攻められたところから、この部分の練習から入りました。

飛び込みオフェンスに対してはバンプが必要です。今回はヘルプサイドからのバンプするというシチュエーションで、同時にディフェンスは「ピストルポジション」の練習も行います。

ここしばらくオフェンス中心の練習しか行わなかった為に、ディフェンス面での接触が弱くなっていました。そこで男子には先日購入してもらったダミーを使って、積極的に接触から逃げない練習を行いました。

初めて行うダミーを使った接触練習。男子は吹っ飛ばされながらもケタケタ笑い直ぐ立ち上がります。こんな練習を楽しそうに行えるのは男子の特権かもしれませんね。

今回は更にこれを3対3に応用して行い、更に実践的にディフェンス練習をしました。

そしてポジション別練習でのビッグマンチームでもこのダミーを使用。更に細かな内容での接触練習を行い、人の多いポジションでもシュート確率は落ちない練習を行いました。

この練習では私が直にダミーを使って選手達にぶつかっていきますが、これによって誰が接触に強いのかがリアルに分かりました。これを生かしてシュート練習などを考えれば更にピンポイントでの修正が可能かもしれません。

限られた時間の中でやりたい内容は全てこなし、明日の男子3回戦を迎えます。前回に引き続き、ここでも大量得点を取れる様にメンタルコントロールを調整して会場に来てもらいたいと思います。

|

« ☆塗装仕上げの腰板は節なしで | トップページ | 春季大会男子3回戦 »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ☆塗装仕上げの腰板は節なしで | トップページ | 春季大会男子3回戦 »