« 男子の対戦相手は!? | トップページ | ♯記録会観戦 »

2008年4月25日

♯トラックシーズン突入

3月に駅伝・マラソンシーズンが終わり、4月に入っていよいよ陸上長距離ではトラックシーズンが始まりました。

例年なら箱根メインの我が家は陸上観戦からは”オフシーズン”となるところですが、今年は通年応援することにしています。

なぜなら、予選会出場校にとっては、5月下旬の関東インカレの成績がインカレポイントとして影響するから。
予選会の成績で出場権を得ればもちろん良いのですが、インカレポイントを多く獲得していれば安心料となります。(インカレポイント関連記事はこちら

今年は箱根~新年度前に監督交替となった大学が数校。
それなりの衝撃がありました。
箱根終了後間もなく発表された 亜細亜大 岡田監督、中大 田幸監督の交替はある程度の予想されていましたが、日大 小川監督、東海大 大崎監督の退任の報は突然噂のように流れてきて、驚きました。

それでも、選手達は学年がひとつ上がり、新入生という新しい戦力が入り、新体制でのトラックシーズンが始まりました。
4月に入って毎週末のように 大学対抗や記録会が予定されています。
出場選手の顔ぶれや記録で各チームの状況が分かりますね。
各校とも話題の新入生達は元気が良いようです。

そして 関東インカレ (5月17,18、24、25日)
長距離種目には標準記録A,Bが設定されていて、1 校1 種目3 名以内のうち次の組合せでのエントリーが可能となっている。
( A ・A ・A )( A ・A ・B )( A ・A )( A ・B )( A )( B )
つまり、標準記録Aをもつ選手が3名以上いれば最大3名、Bを持つ選手しかいない場合は(たとえ複数いても)1名しかエントリーできない。

また、記録をもつ選手数が少ないと必然的にその選手が複数競技にエントリーとなって、負担が過大になってしまう。
理想としては多くの選手が標準記録を(1500m)、5000m、10000m、ハーフマラソンともクリアして、得意種目・体調を考慮して理想的なエントリーをしたいところである。

ということで、ここ暫くは記録会での標準記録突破・自己ベスト更新に関心が集まります。

ちなみにオリンピックイヤーの今年は北京への切符をかけた戦いもあるので、各記録会が一層熱くなりそうですね。

|

« 男子の対戦相手は!? | トップページ | ♯記録会観戦 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 男子の対戦相手は!? | トップページ | ♯記録会観戦 »