« クリーンディーゼルとオートマチック | トップページ | 夏季選手権男子1回戦0615 »

2008年6月16日

大会前日!0614

夏季選手権大会を明日に控えたこの土曜。試合のある男子チームは特に気合いの入っていることを想像して学校に入りました。

こちらも負けずに気合いを!と思っていたのですが、現実は予想とは異なり少し微妙な状況だった様です。

いよいよ目標にしてきた夏季選手権大会が始まるのですが、初戦に勝利したら次の対戦相手が第一シードのS光寺中という現実が一部選手の戦う気持ちに「ひび」を入れていた様です。

男子チームはここに至るまで、多くのライバル達に叩かれながら成長してきました。しかし必ずしもフィジカルの成長と同じペースでメンタルが成長出来なかった者もおり、本気で勝ちたいと願う者からはっきりとした温度差が感じられるようになって、チーム内のストレスは日々蓄積されていた様である。

練習は既に始まっていたのだが、3年男子だけを集めて少し話し合うことにした。大切な試合前に溜まった余計な物を払拭したかったからです。

話し合いはかなり腹を割って行われ、勝ちたいと願う者からの瞳からは熱い涙もこぼれます。

ここまで頑張って戦ってきて、本気で試合を投げ出す者などいないと思ってましたが、影響力をもった人間は簡単に弱音を吐いてはいけません。これは言葉だけでなく行動自体がチームに影響を与えるものです。

約一時間程度の話し合いは無駄ではなく、その後の練習は実にさわやかに行うことが出来ました。何が起きたか分からない女子はキョトンとしていましたが、雰囲気が良くなったのでOKでしょう。

3年生としては最後の公式戦である夏季選手権大会。今持てる実力を出し切り、満足いく大会としてもらいたいと思います。

|

« クリーンディーゼルとオートマチック | トップページ | 夏季選手権男子1回戦0615 »

コーチMの独り言(~09夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クリーンディーゼルとオートマチック | トップページ | 夏季選手権男子1回戦0615 »